福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

新着順

田中マネの食堂

2020年02月13日

グルメ


田中さん(左)と笠原さん(右)、二人がオーナー

 

GENの事務所にも近い繁華街、通称「片町」に昨年(2019年)オープンした「田中マネの食堂」に行って来ました。ちょっと風変わりな店名は「田中マネージャー」の略。長年地域の社会人ソフトボールチームのマネージャーを務めながら選手たちに食事も提供してきた田中さんが料理の腕をふるいます。飲食店を出すことはチームの監督笠原さんと田中さんの共通の夢だったそうで、お二人は共同経営者としてその夢を実現させました。

 

カウンターには油揚げや里芋といった福井の郷土料理には欠かせない食材を使ったお惣菜の大皿が並んでいます。その他、注文に応じて田中さんがいろいろな料理を作ってくれます。一人で軽く飲みながら食事をしてきましたが、お二人の人柄でしょうか、初めてでもゆったりくつろぐことができました。
T.S

 


こじんまりした店内はカウンター7席、テーブル2席

 


福井の郷土料理といえば「たくあんの煮たの」

 


食事にガパオライスを頼みました。ナンプラーがほんのり効いています(笠原さんはこれが苦手とか)。

 


福井県福井市順化2-21-3
営業は11:30-14:00, 17:30-22:30、土日祝定休

 

大阪のおすすめお土産「りくろーおじさんの焼きたてチーズケーキ」

2020年02月09日

グルメ

最近、大阪へ行くと買って帰るのが、 りくろーおじさん の焼きたてチーズケーキです。いくつかある店舗でそれぞれに焼き上げており、店には行列ができていますが、それもそのはず、焼きたてのチーズケーキが何と 18cmホール 725円(税込)というお値段で買えるのです。

 

りくろーおじさんのチーズケーキは、しっとりふわふわ、甘いものが苦手な人でも大丈夫。底のレーズンもちょうどいいアクセントになっています。

 

ところで、りくろーおじさんとは?
(以下、りくろーおじさんの店HPより)

西村陸郎(にしむら りくろう 1933-2007)
昭和8年3月、兵庫県淡路島の山村に生まれる。16歳のときに大阪の菓子問屋「銭屋本舗」に奉公するが、和洋菓子の技術習得を目的に村上製菓に再就職し、23歳で独立。昭和31年に千鳥屋を創業。昭和59年、北加賀屋店の開店と同時に発売した焼きたてチーズケーキの焼印として「りくろーマーク」が誕生。平成元年1月になんば本店開店。店名を「りくろーおじさんの店」に統一する。社運を賭けて取り組んだ焼きたてチーズケーキは「りくろーおじさんの店」の看板商品として多くのファンを持つ。大阪市内に11の直営店を経営するリクロー株式会社の創業者。(H.S) 

 


焼きたてチーズケーキ
(りくろーおじさんの店HPより)

 



【りくろーおじさんのチーズケーキ焼印動画】
焼きあがると鐘が鳴ります。ぷるぷるです。

福井藩 江戸上屋敷拝領 400年記念 福井県物産展

2020年02月04日

雑感

 

「福井藩江戸上屋敷拝領400年記念 福井県物産展 in KITTE」と名付けられたイベントが先週開かれました。KITTEは東京駅丸の内南口を出た所にある6階建ての商業施設。旧東京中央郵便局を一部保存したレトロな外観で、その上にそびえる真新しい高層ビルJPタワーとの対比が目を引きます。その地下1階が今回の会場となった観光・ビジネス情報センター「東京シティアイ」というスペースです。

 

たまたま30日に東京で開かれた技術セミナーに参加した「ついで」のような感じで訪れたんですが、そこで初めて「福井藩江戸上屋敷拝領400年記念」が冠されていることとその意味を知り「なぜ東京駅で?」という疑問は解けました。福井藩江戸上屋敷があったのは今の「大手町プレイス」なので会場の近くです。

 

ところで銀座の町並みの基礎を作ったのは福井藩士で東京府知事をつとめた由利公正でした。安政の大獄で処刑された橋本左内や梅田雲浜の墓がある回向院は荒川区。台東区には福井藩邸跡にできた「福井町」がありました。東京の中心部にも福井にゆかりのある物がいろいろあるんだなとあらためて思いました。
T.S

映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー 不屈の生涯」鑑賞

2020年02月01日

映画

 

2017年に公開され、大きな反響を呼んだ映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」。その生涯をさらに深く、そして沖縄戦後史の激動を描いたドキュメンタリー映画 「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー 不屈の生涯」を見てきました。

 

アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだカメジローこと瀬長亀次郎は、230冊を超える日記を詳細に書き残していました。その日記を丹念に読み解き、改めてカメジローの生涯と、戦後の沖縄で起きた、教公二法阻止闘争、コザ騒動、毒ガス兵器移送などをこの映画では精緻に迫っていきます。

 

映画のクライマックスはやはり、国会での当時の佐藤首相との論戦です。決して感情的にならず、時にユーモアを交え、めりはりのあるカメジローの追求には一切のぶれがなく、強い信念が伝わってきます。また、当時の沖縄での最高責任者である高等弁務官を務めたキャラウェイ中将(沖縄の自治権を「神話だ」と評した)の証言や、米軍が秘密裏に備蓄していた、全沖縄県民が致死するほどの量のVXやサリンの毒ガス兵器移送のことなどは、この映画を見なければ詳細には知りえなかったと思います。

 

元NHKアナウンサー山根基世さんのナレーション、役所広司さんの語り、坂本龍一さんによる音楽も素晴らしかったです。(H.S)

 


上映されたメトロ劇場 にあった、この映画の監督 佐古忠彦さんの色紙

 


映画の感想を自由に書けるシネマノート
このノートを読んでみると福井に数多くの映画ファンがいることが分かるし、マイナーな作品でもその良さを伝えようとする熱い思いを感じます。そして、このメトロ劇場の雰囲気もずっと変わらないで欲しいと心から思いました。

 

【映画予告編】

「孫正義が3カ月に一度歯医者に行く理由」

2020年01月26日

ビューティ&ヘルス

先日、定期検診で歯医者に行ったら、待合室にPRESIDENT誌の歯に関する記事のコピーが置いてありました。私も興味深く読んだので、一部ご紹介したいと思います。(以下、PRESIDENT 2019.8.2号より抜粋)

 

―ソフトバンクグループの会長兼社長の孫正義氏が健康面で人一倍気を使っているのは、歯。多忙な中でも、3カ月に一度の歯科検診は長年続けているそうです。孫氏がそこまで歯のチェックにこだわっているのは、米国などでは歯並びと白い歯がその人の健康のバロメーターという考え方があるからです。お酒を一滴も飲めず、食にはこだわらないことで有名な孫氏ですが、自己のメンテナンスには多大な注意を払っているのです。孫氏のように3カ月に一度歯医者に通うことはもはや常識と言ってもよく、自分の歯の寿命が、自分の仕事での「活躍寿命」を決めると言っても過言ではありません。―

 

―歯石はどうしてもたまるものです。そしてたまり続けると歯周病が悪化します。また、残存歯数が少ないほど認知症になりやすいのです。歯周病の人は、脳血管障害、心臓疾患、動脈硬化、誤嚥性肺炎、糖尿病、メタボリックシンドロームになるリスクが高まります。健康寿命を長くするためには日頃からの歯のケアは不可欠なのです。―

 

私が行く歯医者さんの定期検診では毎回、赤い染色液で歯の磨き残しがないかをチェックするのですが、いつもどこかに磨き残しを指摘されます。で、注意された箇所を意識して磨いていると今度は別のところがおろそかになっていたり…。すべての歯や歯と歯ぐきの間を丁寧に磨くのはなかなか大変ですが、歯周病にならないためにも頑張りたいものです。(H.S)

 


(画像はPRESIDENT 2019.8.2号より)
PRESIDENT Online で、この記事の一部を読むことができます。

ページ