福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

新着順

ストレスの真実―21世紀の流行病―

2019年03月24日

ビューティ&ヘルス

NHK Eテレで毎週金曜午後10時から放送している「ドキュランドへようこそ!」は、
海外で制作された秀作ドキュメンタリーを紹介している番組です。先日放送されたイギリスのドキュメンタリー「ストレスの真実」がとても興味深かったので、少し内容をご紹介したいと思います。

 

糖尿病や認知症、ガンの要因にもなるというストレス。WHO世界保健機関はストレスのことを「21世紀の流行病(はやりやまい)」と呼んでいます。ストレスにあふれた現代において、私たちの暮らしに取り入れられる身近なストレス対策のコツは「食」「運動」「マインドフルネス」にありました。マインドフルネスとは瞑想にルーツを持つテクニックで、自分の身に今起きていることに意識を集中させて、自分の感情・思考・感覚を冷静に認識し、現実を受け入れることです。

 

番組に登場した心理学者はこう言っています。
「人間は自分についてのイメージを超えることはできません。自分はこうなると思うとそれが現実になります。つまり、考え方次第でストレスを大きなプラスと捉えることができます。ストレスは成功を邪魔するのではなく後押しします。すべては私たちがストレスをどう見るかにかかっているのです」

 

また食生活をひと工夫すれば、一日ストレスづけの状況から抜け出すことができます。
ストレスに苦しんでいる時に本当に必要なのは、エネルギーを確保できて血糖値を安定させる食品なのです。そこでおすすめなのがアーモンドやクルミ。どちらも良質なタンパク源で血糖値を安定させます。クルミはオメガ3脂肪酸を含むので脳の働きを良くし、強い不安を感じている時にとてもいいそうです。

 

コーヒーの飲み過ぎはNGです。
ストレスがたまっている時にカフェィンを摂り過ぎると気分はさらに悪くなります。過剰なカフェインは、不眠やイライラ、心拍数の増加を引き起こすのです。その代わり、おすすめなのが何と緑茶。緑茶には Lテアニンというアミノ酸の一種が多く含まれていて、集中力を高め、心を落ち着かせる働きがあるそうです。

 

あとは朝食を抜かないことと水分を摂ることも大事です。
朝食を抜くと、体は血糖値を上げようとしてコルチゾール (ストレスホルモン) の分泌量が増えてしまいます。水分不足も体へのストレスを増やすのです。

 

結局のところ、ストレスとは日常の様々な状況への自然な反応です。
健康的な食生活、ウォーキングなどの適度な運動、マインドフルネスを取り入れながら、
ストレスを味方につけ有効に利用できたらこっちのもの、と番組は締めくくっていました。(H.S)

 

ブータンの家庭料理を作ってみました

2019年03月19日

ブータン

 

3月17日(2019年)の「ブータンクッキング by ブータンミュージアム」に参加してブータンの家庭料理作りを体験しました。作ったのは3種類の煮込み料理とそば粉のパンケーキです。

 

唐辛子を利かせた辛さがブータン料理の特徴です。といっても本場並みの辛さというわけにはいかなくて我々は唐辛子の量をかなり控えめにしました。ブータンでは唐辛子はスパイスというより野菜なんだそうです。

 

最後に参加者みんなでこの日作った料理を食べました。素朴な料理はおいしくて日本の食卓に並んでも別に違和感はないなと思いつつ「じゃあ日本の家庭料理ってなんだろう?」と考えたりしました。

 

いわゆる「和食」は家庭料理ではないし、日本の家庭料理の特徴を簡単に説明しようとすると、どう言えばいいんでしょうね。
T.S

 

写真の料理
左上)シャムダッツィー:きのことピーマンのチーズ唐辛子煮
右上)ケワダッツィー:ジャガイモのチーズ唐辛子煮
左下)クレ:そば粉のパンケーキ
右下)シッカム:干した豚肉と大根の唐辛子煮

足羽山散策 with ウゲンさんご一家

2019年03月18日

おでかけスポット

ウゲン・ドルジさんとご家族

先日のブログでも紹介した、今月末にブータンに帰国する、ブータン人教員研修留学生

ウゲン・ドルジさんとそのご家族と一緒に足羽山 (あすわやま)に行ってきました。

 

ウゲンさんは2017年9月に、そして奥様と息子さんは昨年3月29日に来日しました。

そしてちょうど奥様が日本に来て1年後となる3月28日に帰国します。

 

奥様は、「日本の全てが気に入りました。便利で色んなお店もあって買い物を楽しみました」

と話していました。食べ物では特にから揚げとラーメン、そして醤油がすごく気にいったそうです。

 

日本での生活は大変貴重な経験で、ウゲンさんにすごく感謝していると笑顔で話していました。

 

ウゲンさんは、初め一人で生活し、半年後に家族とまた過ごせるようになり嬉しかった

と話していました。数え切れないほどの素晴らしい人々に出会い、色んな場所に行き、

数々の経験をしました。福井の新聞やテレビでも何度かウゲンさんが取り上げられていました。

 

そんなウゲンさんは日本に来てから、味覚が少々変わったらしく、ブータンから送ってもらった

唐辛子が辛すぎると感じるようになったそうです。

 

ウゲンさんの息子さんが羊を触ってる
足羽山公園遊園地

この一年ですっかり大きくなった息子さんは、自分より大きな羊を見ても物怖じしません。

つんつんと羊の身体を触ったり、見つめたりと興味津々でした。

 

 

足羽山動物園のおしゃべり鳥 じろちゃん

「バイバイ」とおしゃべりをしていたインコのジロちゃんには驚かされました。

 

 

足羽山動物園の鳥

大人から子供まで楽しめるこちらの動物園。

フラッシュなしであれば、写真も自由に撮れます。

 

 

亀
亀を見守るウゲンさん

動けなくなってしまった亀を見守るウゲンさん。

 

 

ハピジャン ハッピージャングル

ハピジャン Happy Jungleにも行きました。

自由に放し飼いにされている動物たちを近くで見て、触れる場所です。

触れる動物(カピバラやウサギ)と、触ってはいけない動物がいるので注意が必要です。

 

ハピジャンの中のカピバラ

この3頭のカピラたちはとても仲良しで

じっとしたり、泳いだり、歩いたり、ずっと一緒に行動をしていました。

噛んだりすることはなく、安心してエサをあげることができました。

 

 

ハピジャンの中の鳥

鳥やナマケモノも一緒に過ごしている、不思議な空間でした。

 

 

ご紹介した動物園と

ハピジャン Happy Jungleはなんと入場料が無料です。

 

 

継体天皇

第26代天皇

継体天皇像

 

足羽山にはその他、継体天皇像やパワースポットと言われている
毛谷黒龍神社、樹齢360年以上のシダレサクラとタカオモミジがある足羽山神社や、

お洒落なカフェ、福井市を見渡しながらお食事ができる飲食店などもあります。春には美しい桜、

梅雨の時期にはあじさいが楽しめます。

 

足羽山は、福井の魅力がたっぷりつまっているおすすめスポットのひとつです。

 

T.F

 

 

ご紹介したハピジャンの動画をお楽しみください。

まるで本当のジャングルのようですね。

とってもかわいい動物たちをこんなに近くで見て、触れられる場所は動物好きにとっては

たまりませんね。

太宰府天満宮と梅の花

2019年03月14日

旅行

先日、所用で30数年振りに福岡へ行ってきました。
せっかくなので博多からちょっと足を延ばして、初めて太宰府天満宮に参拝してきました。

 

太宰府天満宮は、学問の神様として知られる天神様(菅原道真公)の墓所の上に社殿を造り、その神霊を永久に祀っている神社です。道真は京都に生まれましたが、無実の罪で京都から太宰府に流され、
その地で生涯を終えました。(享年59歳)

 

京都を離れる時、失意の中で道真が詠んだ短歌はあまりにも有名です。

 

東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花
あるじなしとて 春な忘れそ

 

その意味は…
春風が吹いたら、香りをその風に託して太宰府まで送り届けてくれ、梅の花よ
主人である私がいないからといって、春を忘れてはならないぞ

 

太宰府天満宮の梅の花のピークは過ぎていたのですが、まだまだ咲いている花も多く、道真公の歌を
思い浮かべつつ参拝してきました。(H.S)

 


西鉄太宰府駅に着くと、ホームに天満宮の象徴でもある梅の花が染められた幕が連なっていて思わず
「かわいい!」

 


にぎやかな参道を過ぎて境内へ

 


この日はあいにくの雨でしたが、主にアジア圏からの観光客がたくさん訪れていました

 


日本有数の梅の名所でもある太宰府天満宮
紅梅が鮮やかに咲いていました

 


ここの手水舎の説明も多言語です

 


境内でも人気のスポットが太鼓橋

 


太宰府天満宮の御朱印

 


九州国立博物館(通称 きゅうはく)は、太宰府天満宮の境内から連絡通路で直結しています
東京・京都・奈良に並ぶ国立博物館で、九州の歴史的背景から日本文化の形成について学べます
今回は行けなかったのですが、次の機会には是非行ってみたいものです

 


太宰府天満宮の表参道にあるスターバックスコーヒー
ここも人気のスポット

 


この木組みデザインでお分かりの方もいるでしょうか ?
店舗の設計は隈研吾氏です

里山の楽しみ

2019年03月13日

ふくい暮らし


三里山「中新庄コース」の途中にある泰澄像

 


権現山「不動滝」の脇にある泰澄像

 

昨日、越前市の三里山と権現山、それぞれの山中にある泰澄大師像を撮影しに行って来ました。

 

この越前(現在の福井県)生まれの伝説的な僧にゆかりのある場所が県内に多数あります。その多くが身近な低山の周辺です。

 

三里山にある泰澄像の傍らには、大師が湧き出させたという湧水が霊水として祀られています。
また権現山にある像は「柳の滝」と総称される5つの滝のひとつ、不動滝の脇にあります。

 


三里山の泰澄像のそばに湧き出ている霊水

 

古の人々は命にとって最も重要な水に感謝して、そこに彼らのスーパースターであった泰澄大師を祀ったのかなあ、と勝手に想像しながら1人だけの静かな里山歩きを楽しみました。
T.S

ページ