福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

新着順

DJI フライトシミュレーター、5つのハードル

2019年10月25日

制作日記

 

ドローンの練習用に使いたいと思っていた「DJIフライトシミュレーター」が使えるようになりました。その名の通りDJIがリリースしているソフトで、同社が実際に販売している各種機体の飛行を模擬体験できるのが特徴です。ライセンスを購入するとMavic Enterprise, Matrice 210など産業用の機体も使えるのが魅力なんですが、ライセンス無しでも無料版として使用できるようになっています。その場合、飛ばせるのが一般的な空撮用の機体だけなのと、メニューの選択肢がある程度限られるんですが、その範囲でもかなり練習に役立ちそうなクオリティです。ただ、使えるようになるまでいくつかハードルがありました。

 

■PCのスペック
Windows10のみ。それも普通の事務用PCではダメでかなり高性能が要求されます。けっこう迷った挙句「HP Pavilion Gaming 15-dk0000 パフォーマンスモデル」というノートPCを選んで、無事動かすことが出来ました。CPUがCORE i7、メモリ16GB、グラフィックボードがGEFORCE GTX 1660 Ti、ディスクが256GB SSD + 1TB HD、というスペックで、最低これくらいは必要みたい。

 

■送信機
DJI製なのに、手元にあるPhantom4 Pro+やMavic Proの送信機は使えないんです。しかたがないのでInspire 1の中古の送信機をネットオークションでゲットしました。これをマイクロUSBケーブルでPCにつなぎます。

 

■マニュアル
売る気があるのかないのか、ユーザーマニュアルは英語版しかありません。

 


モード1で操作中の画面には「Mode 2」と表示されている。その上の逆さのプロポ画像も謎。

 

■バグ(?)
ソフト上でスティックモードを1にしてもプロポ操作がモード1にならなかったので焦りました。そのうち半分あきらめてソフト上のスティックモードを2に設定したらなんとモード1で操作できたんです。ただ画面上に表示されているモードと実際の操作が一致しないので気持ち良くないです。その他、送信機の種類にもよるのかな?飛行モードをS(スポーツモード)にできません。

 

■ネット接続
ソフトを起動するのにネット接続が必要です。普通はまあ困らないと思いますが、今回ネット環境のない場所で使う必要があったので、その時だけモバイルルータをレンタルしました。

 

というわけで、まぁいくつか気になる所はありますが、何とか使えるようになったので嬉しいです。
T.S

ワインイベント in 福井駅前ハピテラス

2019年10月19日

祭り・イベント

ワインの美味しい季節になりましたね。
そんな先日、福井駅のすぐ前にある屋根付き広場「ハピテラス」で、恒例のワインイベントが開催されました。

 

イベントでは、世界各国から厳選した150種類のワインを1杯200円から提供。地元福井の有名店なども出店していて、お店手作りの料理やパン、デザートまで楽しめました。ステージではビンゴ大会やダンスイベントも行われ、たくさんの来場者で終日にぎわっていました。またブースだけでなく、ワインのワゴン販売もあって、テーブルの間を回って来てくれるので、いちいち席を立つのが面倒な人にもってこいのサービスがうれしかったです。(H.S)

 


全天候型のハピテラス
こういうイベントにはぴったり

 


シャンパーニュコーナーも

 


スロベニアワインは初めて見ました

 


福井の老舗洋食店「グリル葵」さんのブース

 


他にもワインに合いそうな一品が色々あって思わず目移り

 


オードブル盛り合わせ

 


お得な前売り券は「リカーワールド華」や「ヤスブン」各店で販売していました

バンボッシュ・ド・ヤマのワンプレートランチ

2019年10月18日

グルメ

 

時々お昼にもバンボッシュ・ド・ヤマに行きます。福井市の繁華街、通称片町の中心から少しはずれた一角にある、民家のような外見のこじんまりしたビストロです。気取らない感じがいいんです。

 

お昼に頼むのはいつもこのワンプレートランチです。メインの料理は時々変わります。おいしそうでしょ?これにコーヒーがついて1,000円(税別)。毎回「パンが熱いので気を付けて下さい」と言われます。

 

飲食店って混んでてもいやだし、空きすぎてても落ち着きませんが、ここはいい感じのバランスですね。お昼は予約なしで行きますが、だいたい入れます。
T.S

 

関連ブログ
福井市順化 バンボッシュ・ド・ヤマ(Bamboche de Yama)

越前市のおすすめレストラン「王様の食卓」

2019年10月13日

グルメ

台風19号の被害に遭われました皆様には心からお見舞い申し上げるとともに、一日も早く元通りの生活に戻れますよう祈っております。

 

さて、ちょっと前になりますが、福井県越前市にあるレストラン「王様の食卓」でランチをいただいてきました。

 

お店ではちょうどランチタイムのパン食べ放題サービスをやっていました。(10月25日まで)カウンターで好きなパンを選ぶと温めてテーブルまで持って来てくれるのです。コーヒーもセルフサービスでお代わり自由というのもうれしいですよね。お手頃価格でボリュームのあるランチが楽しめるし、オーナーはじめスタッフの皆さんも親切で、人気店なのも納得でした。サンドーム福井からほど近いので、イベントの際などに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。(H.S) 

 


とっても気さくなオーナー。写真撮影にも快く応じてくれました。
このカウンターのパンが全部食べ放題なんですよ。

 


店内の一部。手前側にも、個室や仕切りのあるテーブル席がいくつかあるのでけっこう広いお店です。(個室希望の場合は予約をおすすめします)

 


ランチセットの前菜とサラダ

 


たくさんあるメニューの中から迷って選んだデミグラスハンバーグ

 


ランチセットのデザート

映画「ジョーカー」鑑賞

2019年10月06日

映画

 

「ジョーカー」を見てきました。バットマンの宿敵ジョーカー役と言えば、「ダークナイト」でのヒース・レジャーがあまりに強烈でしたが、今作を見ると、ヒースの記憶が薄まるほど、ホアキン・フェニックスの魂からの演技に引き込まれます。紛れもなくジョーカーそのもののホアキンがスクリーンにいました。そして今回はその生い立ちと共に描かれるため、ジョーカーの人間味も否応なく感じざるを得ません。だからか、登場するブルース・ウェイン(バットマン)の子ども時代を見ても、やっぱり悪のカリスマ・ジョーカーの方に肩入れしてしまいます。

 

ホアキンのダンスシーンでは能のような美しさもあり、太極拳のようでもあり、前衛的なのですが、それがとにかく完璧でした。走る姿も絵になります。

 

終盤、パトカーに乗ったジョーカーがゴッサムシティを眺めるシーンに流れる曲は、クリームの「ホワイト・ルーム」。選曲のセンスも相まった、このシーンのスタイリッシュでカッコいいこと!これぞまさに映画の醍醐味。素晴らしかったです。往年のロックファンにとっても胸アツですね。その「ホワイト・ルーム」が暗示するラストシーンの演出にも唸らされます。そして、格差、貧困、弾圧、移民排除、児童虐待、パワハラがはびこる現代、見ている側にも重い問いを投げかけてくる映画でした。(H.S)

ページ