福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

%1

「無題(グリーンとグレー)」

2018年05月22日

雑感

 

先日ドローンで田植え風景を上空100mくらいから撮った写真を見て、こんなモダンアート風のタイトルをつけたくなりました。

 


ここは越前市にある水田。水鏡に映った日野山の影を揺らしながら田植え機が進みます。

 

水鏡といえば別に山里などではなく市街地に近くても、この季節の静かな早朝にまわりの普通の風景を映し込んだ水田を見るときれいだなと思います。これが埋められて一面のソーラーパネルなんて無粋なことになって欲しくはありません。
T.S

全自動農薬散布ドローンのデモ飛行

2018年05月15日

雑感

 

先日滋賀県東近江市でドローンを使った農薬散布を行った際、同市にあるドローン専門店「ソラクル」の敷地内で、XAIRCRAFT社製農薬散布用ドローンのデモ飛行を見てきました。独自の計測システムによる精密な飛行を特徴とし、離陸から着陸まで人による操作を必要としないというマシーンです。この日は強めの風が吹いていたんですが、それを全く感じさせない安定した飛行でした。全自動と言っても飛行の前に散布する圃場の形を人力で計測する必要があるのですが、飛行そのものに人のスキルを必要としないというのは散布作業の効率化に役立ちそうです。
T.S

 

XAIRCRAFT P20
XAIRCRAFT社のP20(プロペラを外した状態)
バッテリーや液剤のタンクがカセット式なのが洗練されている感じ

 

KUBOTA MG-1K
我々が使用しているクボタのMG-1K

2018年GW前半はドローン三昧

2018年05月08日

雑感

BGM : フリーBGM・音楽素材MusMus

 

撮影にドローンを使うようになって以来、
いろんな形でドローンに関わるようになりました。

 

そして今年(2018年)のゴールデンウィーク、
その前半はドローンがらみの仕事で埋まりました。

 

4月29日にドローンスクールのインストラクターを務め、

 

30日には大学の大教室を借りて行われた親子ドローン体験会のスタッフとして働き、

 


もう一人のパイロットTさん(白山AIファーム)

 

5月1~2日には農業用ドローンを操縦して麦畑で農薬を散布…

 

スクールでは空撮によく使われる中型のドローン、
体験会では手のひらに乗る小さなトイドローン、
農薬散布では両手を広げても足りないくらいの大型ドローン、
と、その数日間で大小さまざまな機体を扱いました。

 

ドローンにはこんなふうにいろいろな種類がありますが、
実は小さいものほどコントロールが難しいのです。
物や人にぶつかっても安全で、墜落してもめったに壊れないというのは
実機ではできない芸当で、僕もよくトイドローンを使って練習をします。
T.S

路地裏の風景

2018年04月23日

雑感

 

街を歩いていると何でもない路地裏の風景にひきつけられることがあります。隣の家が解体されて思いがけず露わになった壁や、ビルの裏に無造作に取り付けられたエアコンの室外機の配置など面白いものがいろいろあります。

 

このホテルの非常階段が見える風景は左に見える壁面の一部とぴったり合った中央の階段のアクセントカラーや全体的な色彩の統一感などが気に入っています。
T.S

Sontaku

2018年04月16日

雑感


大阪名物 忖度まんじゅう

このすっかり有名になった「忖度」という言葉を直接言い換えることができる英単語って無いみたいですね。「人の気持ちを推し量る」とか「相手の身になって考える」など、どうしても熟語か文章になってしまう。そのうちこれも"Sontaku"で英語として通用するようになるんだろうか。
T.S

ページ