福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

%1

気比神宮で見た台風の爪痕

2018年09月25日

雑感


境内摂社のひとつ角鹿神社に大木が倒れ掛かっていました

 

少し前、各地で大きな被害を出した台風21号が去ってまもない9月7日に福井県敦賀市の気比神宮を訪れました。今回の台風では比較的被害が少なかった福井県ですが、気比神宮の境内には、拝殿正面にある鳥居の添え柱が折れていたり、あちこちで木が倒れていたり、長く勤める職員の方も経験したことが無いという暴風による傷跡が生々しく残っていました。今年は大雪から始まって大雨や猛暑、地震そして台風と各地で大きな災害が続いています。自然は人間にとって最大の脅威なんだと改めて思いました。
T.S

 


添え柱が折れた鳥居

 


天然記念物ユーカリの木も無残な姿に

エレベーターのフットスイッチ

2018年09月04日

雑感

 

福井市中心部、大名町交差点の地下道にあるエレベーター。足でボタンを押すことが出来るフットスイッチが付いています。古いエレベーターなんですが、いわゆるバリアフリーが考えられているんですね。足でスイッチを押せると、手の不自由な人に限らず、荷物などで両手がふさがっている場合にも便利です。身体に障害のある人にとって暮らしやすい環境というのは健常者にとってもありがたいです。
TS

若いツバメ

2018年07月03日

雑感

 

先日六甲山で撮った写真で、鮮明ではないですが枝にツバメが4羽止まっています。

 

福井の我が家のまわりでもやはり今年生まれたんだろうなという感じの、
ちょっとほっそりした若いツバメが何羽もよくさえずっています。

 

それが当たり前の光景なので考えたこともなかったのですが、
ツバメは減りつつあり県によってはレッドデータブック入りしているとのこと。

 

この若鳥たちがまた元気に帰ってきて、いつまでも身近な鳥であってほしいなと思います。

 

なお「若いツバメ」という言葉には年上の女性の若い愛人という意味があります。

 

女性解放運動家平塚らいてうの夫になる年下の画家が自らをそう表したというのが由来なんですが、
僕にとっては小説「美は乱調にあり」で読んだ印象の方が強くて、
本の中ではらいてうが言った言葉になっています。

 

かなり昔に読んだこの本、ストーリーはほとんど覚えていないんだけど
この題名「美は乱調にあり」は至言だなあと今でも思います。
T.S

山間の巨大彫刻

2018年06月19日

雑感

 

 

最近大野の山奥で見た稼働中の砕石プラントです。
近代的な美しい工場の風景というのももちろんいいんですが、
精密さとかスマートという言葉とはおよそ無縁な、
錆びた鉄のかたまりのような無骨な構造物が見せる
ティンゲリーの彫刻のような(ただしこちらは全く無名な)
その風情に魅力を感じます。
あくまで外見だけの話ですけどね。
T.S

新しいものと古いもの

2018年05月29日

雑感

福井という街は1945年のアメリカ軍による爆撃、その3年後の大震災と、2度にわたって徹底的に破壊されたので、古い建造物といってもほとんど残っていないんですが、それでもその後70年たってそれなりに歴史を感じさせる光景に出合うことがあります。最近作られた新しい建物とそういう古い建物が共存する風景を見ると、ほっとするような気がして、これはこれでいいなあと思ったりします。

 

 

市の中心部にある各種行政機関が入った合同庁舎ビルと古びているけれども端正な木造の住宅。

 

 

福井駅前再開発の象徴的な複合施設ビル「ハピリン」と新栄(しんさかえ)商店街の一角にある「新栄テラス」。もと駐車場だったスペースにウッドデッキを敷いて作った広場を取り囲んで、インドネシア料理店やカフェ、チーズ専門店…といった店が並んでいます。古い建物をリフォームした店が並んでいる様子はどこか外国の街角みたいで、けっこう好きな雰囲気です。
T.S

ページ