福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

%1

DJI フライトシミュレーター、5つのハードル

2019年10月25日

制作日記

 

ドローンの練習用に使いたいと思っていた「DJIフライトシミュレーター」が使えるようになりました。その名の通りDJIがリリースしているソフトで、同社が実際に販売している各種機体の飛行を模擬体験できるのが特徴です。ライセンスを購入するとMavic Enterprise, Matrice 210など産業用の機体も使えるのが魅力なんですが、ライセンス無しでも無料版として使用できるようになっています。その場合、飛ばせるのが一般的な空撮用の機体だけなのと、メニューの選択肢がある程度限られるんですが、その範囲でもかなり練習に役立ちそうなクオリティです。ただ、使えるようになるまでいくつかハードルがありました。

 

■PCのスペック
Windows10のみ。それも普通の事務用PCではダメでかなり高性能が要求されます。けっこう迷った挙句「HP Pavilion Gaming 15-dk0000 パフォーマンスモデル」というノートPCを選んで、無事動かすことが出来ました。CPUがCORE i7、メモリ16GB、グラフィックボードがGEFORCE GTX 1660 Ti、ディスクが256GB SSD + 1TB HD、というスペックで、最低これくらいは必要みたい。

 

■送信機
DJI製なのに、手元にあるPhantom4 Pro+やMavic Proの送信機は使えないんです。しかたがないのでInspire 1の中古の送信機をネットオークションでゲットしました。これをマイクロUSBケーブルでPCにつなぎます。

 

■マニュアル
売る気があるのかないのか、ユーザーマニュアルは英語版しかありません。

 


モード1で操作中の画面には「Mode 2」と表示されている。その上の逆さのプロポ画像も謎。

 

■バグ(?)
ソフト上でスティックモードを1にしてもプロポ操作がモード1にならなかったので焦りました。そのうち半分あきらめてソフト上のスティックモードを2に設定したらなんとモード1で操作できたんです。ただ画面上に表示されているモードと実際の操作が一致しないので気持ち良くないです。その他、送信機の種類にもよるのかな?飛行モードをS(スポーツモード)にできません。

 

■ネット接続
ソフトを起動するのにネット接続が必要です。普通はまあ困らないと思いますが、今回ネット環境のない場所で使う必要があったので、その時だけモバイルルータをレンタルしました。

 

というわけで、まぁいくつか気になる所はありますが、何とか使えるようになったので嬉しいです。
T.S

大型リポバッテリー運搬用ケースを探しました

2019年08月21日

制作日記

 

農薬散布用ドローンに使う大型のリポバッテリーを保管、運搬するのに適したケースを探していて、「(STRAIGHT/ストレート) メタルツールボックス 320×220×185(mm) 09-108」という元々軍隊で弾薬入れとして使われるらしい鉄製のケースに目を付けました。発火等万一のことを考えると、プラスティックのケースでは不安だったんです。またアルミ製のケースでは強度不足でした。

 

実際8本のバッテリーを入れてみると、バッテリーが1本約1.6kgでケース自体が3.2kgですから全部で16kgというそこそこの重さになりますが、持ち上げても以前試したアルミ製のケースのように取っ手の周りが歪んだりすることも無く、まあ頑丈そのものです。開け閉めに若干の力を要するぶん、水や空気を遮断する気密性も期待できそうです。底に凸部があるのでクッション材を入れて段差を吸収しました。
T.S

 


アーミーライクなルックス

 


8本がちょうど収まります

 

ミニドローン用キャリングケースを作ってみました

2019年07月18日

制作日記

 

練習に使っているミニドローン(Beta65s)の機体やパーツ、送信機の保管と持ち運びのためにキャリングケースを作ってみました。市販の工具用アルミケースにブロッククッションという緩衝材を入れただけですが、このクッションのサイズがちょうど良くて加工もしやすく、出来栄えに満足しました。

 

ブロッククッションは大きなスポンジの全面に15mm角の切れ目が入っているものです。15x15x60mmのスポンジの柱がびっしり並んだ形です。その柱どうしが所々お互いにつながっているわけですが、手や定規でこのつながった部分を簡単に切り離すことができるので、特別な道具を使うことなくきれいに穴をあけることができます。さらに穴をあけて取り出した方のスポンジをカッターで適当な厚みに切ってまたもとの穴に戻し、そこに入れる物の高さに応じた床を作りました。

 

このまま上半分が空っぽでは持ち上げた時に中身がバラバラになってしまうので、蓋の裏側にも適当にクッション材を詰めておきます。このケースの蓋の裏に元々ついていた工具や筆記用具を差し込むパネルは取り外しました。
T.S

 


交換パーツ用スペースは二階建て

 


アイリスオーヤマ アルミケース 工具収納ケース 鍵付き 6分割仕切り付き W約47×D約35.5×H約15cm AM-15
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B000WN7SRI/
Astage(アステージ) ブロッククッション W約43.8×D約30.8×H約6cm BC-L60
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00AT8OJ96/

 

Tello、自動で初飛行

2019年02月26日

制作日記

やっとTelloの自動飛行に成功しました。苦節二日…かな。

 

ドローンの練習にはよくトイドローンを使います。室内で安全に出来て、かつ実機より不安定なので逆にいい練習になるんです。その練習用には主に5,000円前後の機体を使うんですが、最近トイドローンとしては高価なRyze TechのTelloを購入しました。「Scratchでトイドローンをプログラミングして飛ばそう!」という本を見つけ、Telloで自動飛行を試せることを知ったからです。

 

はじめよく読まずにScratchの最新バージョンをインストールして、本の記述と動作が違うのでとまどいました。これは 旧バージョンの「Scratch2.0オフラインエディター」をインストールし直して解決です。

 

また本はWindowsを前提に書かれていて、僕はMacを使っているので多少とまどいました。 違っていたのはnode.jsを起動する部分です。これが、ScratchでRYZE Telloをプログラミング(Mac編)- SkyDRONE で説明されていて助かりました。

 

ともあれ、手動と違って同時に二つ以上の操作ができないなどまだ制約はありますが、デモなど面白いものができそうです。
T.S

謎の拡張子、HEIC

2019年01月08日

制作日記


Windowsで見たiCloudフォト

 

時々iPhoneで撮った写真や動画を、作成にWindowsを使用しているこのサイトでも使うのですが、最近iCloudフォトの中にHEICという拡張子が付いたファイルが並んでいるのに気が付きました。QuickTimeムービーのファイル名にも拡張子はMOVのままながら-HEICという文字が入っています。

 

JPEGと対応するファイル名がついているので何かの付加情報?と思ったんですが、JPEGに替わる新しい画像圧縮フォーマットということでした。ファイルサイズをJPEGより大幅に小さくできるらしいですね。さすがアップル、USBの時みたいに、やるときには思い切って変えてくれます。このフォーマットも、USBみたいにしばらくすると標準になっていくんでしょう。JPEGと並んでいるのは経過措置でしょうか?

 

とはいえ、今Windowsで開けないと困るので、iPhoneのカメラの設定でフォーマットを「互換性優先」に変えておきました。
T.S

 


Mac上では変わりなし

ページ