福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

%1

マーク・ピーターセン著『日本人の英語』

2019年11月14日

この本は、英語学習者にとっては必読書ともいえる一冊だと思います。このウェブサイトGEN は英語でも発信しているので、私もまだまだ英語学習者です。初版が1988年の本ですが、一度は理解したつもりでもそのうち忘れてしまうので、時々読み返してしっかりと意識に刷り込みたい内容です。著者のマーク・ピーターセン氏は、1980年に留学生として来日して以来、日本文学を研究。現在は大学教授として英米文学・比較文学を教えています。

 

 

最初に読んだ時の冠詞についてのくだりは衝撃的でした。なぜなら初めてその概念をリアルに実感できたからです。本文から一部抜粋したいと思います。

 

【 a は名詞につくアクセサリーではない】
―冠詞のない言語である日本語と、冠詞が論理的プロセスの根幹である英語の違い―
"Once upon a time, there were an old man and an old woman. The old man…"
―(むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは…)
日本語では最初に「むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさん[は]いました」とは言えないのと同じように、英語で "Once upon a time, there were [the] old man and [the] old woman…" とは言えない。が、日本語の場合、一度そのおじいさんが「あるところにいたおじいさん」として紹介されたなら、その次のセンテンスから「おじいさん[は]」という表現は少しもおかしくない。それと同じように、英語の場合も一度そのold manが an old man who was として紹介されたら、語り手と聞き手の間の相互理解では、彼がthe old man となる。―

 

―英語で話す時も書く時も、先行して意味的カテゴリーを決めるのは名詞ではなく、a の有無である。適切な名詞が選ばれるのはその次だ。もし「つける」という表現をするなら、「a に名詞をつける」としか言いようがない。「名詞に a をつける」という考え方は、実際には英語の世界には存在しないからである。― 

 

そう言えば、英語のネイティブ・スピーカーが、まず a や the を言ってから、ちょっと遅れて次にくる名詞を言う場面をよく見ます。たとえば、I ate a…a…a rice ball. といった具合で、a を繰り返しながら次に言う名詞を思い出しているのですね。

 

ピーターセン氏も書いていますが、日本の英語教育では、こういった冠詞の本質を教えていない気がします(今は分かりませんが)。会話や発音に力を入れるのもけっこうですが、こういった基本的な感覚を身に付けることがまず必要だと切に感じます。(H.S)

角幡唯介著『極夜行』(きょくやこう)

2019年11月10日

ノンフィクション作家で探検家の角幡唯介(かくはたゆうすけ)さん著『極夜行』を読みました。

 


 

北極圏には、「白夜」の反対に何日も日が昇らない「極夜」という期間があり、その暗闇の中、一頭の犬(名前はウヤミリック)と八十日間旅した記録を克明に綴ったのがこの本です。それはスポンサーも付けず、GPSも持たない旅でした。

 

角幡さんは以前、あるテレビ番組でこう言っていました。
「冒険や探検は、宗教でいう巡礼に近い気がするんです」
「自分は、探検によって大昔の狩猟民の追体験をしたいのかもしれません」
そんな角幡さんのまっすぐで無駄のない眼差しの中には、自然に対する畏怖なのでしょうか、ほんのかすかに怯えがあるようにも見えました。

 

日々、当然のように太陽の恩恵を受けている私にとって、何か月にも及ぶ孤独で真っ暗な世界は理解をはるかに超えていましたが、角幡さんの明快な語彙、感性溢れる情景描写や、心象風景がリアルに伝わってくる圧倒的筆致のおかげで、私まで探検に同行させてもらったような達成感を得ることができました。探検の様子も決してストイックなだけでなく、笑ってしまうエピソードも多いし、自分の情けない部分も包み隠さず書いているのがまた潔いです。読んでいた何日間は、本を開いてエア探検することが私の生活のメインで、他の日常が何だかおまけに思えてしまうという不思議な感覚に陥っていました。

 

以下は本文からです。
「餌を減らしたうえ、一気に進んだことで犬は急速に痩せ衰え始めていた。寒さに強い犬種とはいえ、氷点下三十度以下での重労働である。あばら骨が浮き出て腰まわりが貧相になり、脚から尻にかけての筋肉がごっそりなくなっていた。身体中をなでて確認するたびに、可哀相で思わず涙が出そうになる」

 

犬に関しての描写は、やや醒めた感じがずっとしていたのですが、ようやくこの文章に出くわし、待ってました、やはり角幡さんにも血の通った優しい一面があったのね、と心底ほっとした私でした。そう言えば角幡さん、少し前にツイッターで「初めて胃カメラ飲んだ。苦しいですな、あれは」と言っていて、意外と普通の人だなと思いました(笑)。

 

さて次は、角幡さんがチベットにある世界最大のツアンポー峡谷に挑んだ時の記録『空白の五マイル』を読む予定。彼の書く文章はとにかく面白く、中毒性があるのか次から次へと読みたくなってしまいます。(H.S)

 


次の北極圏行きに向けて犬たちの訓練
ウヤミリックもいます(一番右) 
(画像は角幡さんのツイッター @kakuhatayusuke より)

 


そりを製作中の角幡さん
(画像は同上) 

 

【動画】 探検家 角幡唯介さんに聞くー「極夜」への挑戦(本人撮影の映像も)(11'44")

池上永一著 『統ばる島』(すばるしま)

2019年08月29日


―すばる【統ばる】集まって一つになる。(大辞泉より)

 

『統ばる島』は、『テンペスト』などで知られる、沖縄・石垣島育ちの作家、池上永一さんの短編小説集で沖縄・八重山諸島の八つの島がテーマになっています。八つの短編すべてがそれぞれの島の風土を織り込んだ、ウィットに富むストーリーでとても面白いのですが、中でも強烈に印象に残ったのが「西表島」(いりおもてじま)の章です。

 

西表島には三回ほど行ったことがあり、その章で描かれている太古を思わせる自然、山のむせかえるほどの草いきれや湿度にいたるまで、あまりにリアルだったので自分がまた島にいるかのように感じるほどでした。そして想像を超える展開、雌雄としての原始的本能の描写は衝撃的です。

 

以下は、章の冒頭と終わりからの引用です。
―八重山諸島の屋根と呼ばれる西表島は、南海の秘境だ。八重山諸島のなかでももっとも巨大で人を寄せつけない。高峻な山肌は常に雲のヴェールを纏い、その全貌を見ることは不可能である。西表島より高い山脈は世界中至るところにあるが、この島の山の特徴は高さではなく深さにある。今入口で見上げているのは氷山の一角で、一歩足を踏み入れればコンパスも役に立たない熱帯雨林になる。―

 

―船から山の装備をした若者がどやどやと下りてきた。到着したばかりの彼らに定年間近と思われる男が近づいてきた。「私は島の研究所で技師をしている古見と申します。もしかして山で野営を予定していませんか?」
山は原罪を覆い隠し今日も生い茂る。―
(H.S) 

 


浦内川のマングローブ林と砂浜
とても日本とは思えない自然が目の前に広がります

 

カンピレーの滝をめざしてジャングルをトレッキングすると
道が沢になっている箇所がいくつもありました

 


約一時間後、ようやくカンピレーの滝に到着
カンピレーとは「神の座」という意味
高低差はあまりない滝なのですが、何とも言えない神々しさです

6年前に刊行された本との新鮮な出会い―アノスミア わたしが嗅覚を失ってからとり戻すまでの物語

2019年07月26日

 

シェフを目指していた若い女性が嗅覚を失って、それから取り戻すまでの物語です。本はできるだけ電子書籍で読むことにしているのですが、この本については電子版が無かったので図書館で借りることにしました。

 

で昨日、福井県立図書館でこの本を借りたところ驚いたことに、中ほどに丸く折られたスピンが挟み込まれたままで、本が開かれた形跡が全く無いんです。もしかして僕が最初の読者?刊行は2013年9月ですから6年間近く、大勢が利用する図書館のこの書架で手に取られるのを待っていたんだろうか。

 

といってもここに所蔵されたのが6年前とは限りませんから、まぁ大した意味はないんですけどね、最初からちょっと楽しい出会いになりました。

 

不思議な題名のこの本を読もうと思ったのは、実業家で読書家の出口治明さんが著書(ビジネスに効く最強の「読書」)の中で紹介しているからです。出口さんの「人間は、人に会い、本を読み、世界を旅すること以外に賢くなる方法はありません。」という言葉が僕は好きなんです。

 

その出口さんが《「花には香り、本には毒を」あるいは「偏見なき思想は香りなき花束である」。本についての箴言では、この二つがたまらなく好きです。》と書いている部分で「そういえば…」と紹介しているのがこの「アノスミア」なので、まだ読み始めたところでどういう展開になるのか全然わかりませんが、どんな毒、あるいは香りがあるのか、興味津津です。
T.S

第160回 直木賞受賞 『宝島』 真藤順丈著

2019年06月20日


『宝島』は、担当した編集者が「手がけた本の中でこの原稿が自己ベスト」「編集者生命を懸けて推します」と熱く断言した力作です。著者の真藤さん自身、スティーブンソンの同名小説にも引けは取らない自信がある、と言っています。

 

この作品では、戦後の沖縄を舞台に三人の少年少女が成長していく様子が、実在した人物や実際に起きた事件などと共に描かれていきます。瀬長亀次郎が登場した時には思わず喝采を送りましたが、宮森小学校米軍ジェット機墜落事件の場面では、あまりのむごさと理不尽さに胸がえぐられるようでした。

 

全編通して、とびきり熱くて濃くて力強くて、極上の冒険&ミステリー映画を見ているように感じる小説です。真藤さん、実は映画監督を志していたらしいので思わず納得でした。私は毎日少しずつ読んでいたのですが、日々読み進める楽しさが半端なく、続きをどんどん読みたい、でもそれも何だかもったいない気がして、少しでも長く浸っていたい、終わってしまったら寂しすぎる、と思う圧倒的作品でした。

 

文中の言葉の多くにウチナーグチ(沖縄の言葉)でのルビが丁寧にふられており、ウチナーンチュ(沖縄の人)でもない東京生まれの真藤さんがその労力を惜しまなかったことにも感服しました。そして、かっこで書かれたちょっとした補足がいつも面白くて思わずクスリとしてしまう、そんな真藤さんの笑いのセンスも好きです。たとえば―薄れる意識(と、パンツのゴム)をどうにか支えてグスクは建物の脱出を試みた。―(本文より抜粋)

 

ところで『宝島』というタイトルですが、沖縄には「命どぅ宝」(ぬちどぅたから=命こそ宝)という有名な言葉があり、真藤さんも意識していたのでは?と思うので、ある意味「命の島」とも解釈できるかもしれません。

 

来る6月23日は沖縄慰霊の日(1945年の沖縄戦で組織的戦闘が終わったとされる日)。今年はちょうど日曜にあたりますが、この日は毎年沖縄県では正式な休日となり、県、市町村の機関や学校がすべて休みになります。この機会に改めて沖縄の現状や犠牲になった多くの命に思いを寄せてみたいと思います。(H.S)

 


著者 直筆メッセージ
「戦果アギヤー」とは、戦後ウチナーンチュが米軍基地からさまざまな物資を盗むことで生き延びていた、その「戦果をあげた者」という意味

ページ