福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

%1

春の新酒まつり ―福井県の24蔵元が集合!―

2018年04月11日

日本酒

春の新酒祭り 福井市のフェニックスプラザにて
春の新酒祭り 福井市のフェニックスプラザにて

3月21日、今年も福井フェニックスプラザで「春の新酒まつり」が行われました。

 

 

春の新酒祭り 福井市のフェニックスプラザにて 参加した酒蔵の樽がピラミッド状に積まれている
春の新酒祭り 福井市のフェニックスプラザにて おつまみのブース

福井の酒蔵24蔵と、飲食店6軒が参加しました。

来場者数は去年の約1.25倍、約2000人となり盛り上がりを見せていました。

 

 

春の新酒祭り イベント開始10分前 会場は客で埋め尽くされた

イベントが始まる約10分前になると、会場のドアが開かれて来場客が勢いよく会場に入って来ました。

 

 

人気日本酒ブースの前には長蛇の列ができた

あっという間にブースの前には長蛇の列ができ、その列に並んだ来場客は始まりの合図を今か今かと待ちわびていました。
そしてブースの中で静かに待つ法被姿のスタッフと、ずらりと並んだ日本酒には日本らしい雰囲気がありました。会場内にはアナウンスと太鼓の音が響き渡っていて、緊張感さえ感じました。

 

 

各ブースで、次々に客の持っているお猪口に日本酒が注がれていった

若い女性がお猪口に日本酒を注いでもらっている

イベント開始と同時に、来場者が持っているお猪口に次々に日本酒がそそがれていきました。

 

 

お猪口に手作りのベルトをつけて首からかけている男性の手

中にはこのように、首からかけられる「マイお猪口」を持ち歩く方々もいらっしゃいました。こちらは手作りだそうです。

 

 

日本酒を笑顔で注ぐ3人の女性

イベント開始後、しばらくするとほろ酔い気味の方々も見られて、あちこちから笑い声やおしゃべりが聞こえてきました。会場の雰囲気がより盛り上がっていきました。

 

 

日本酒を注ぐ女性
日本酒を丁寧に注ぐ男性

次々と来場客がお猪口を持って来る中、スタッフの方々は落ち着いて丁寧に、日本酒を注いでいました。各蔵何本かおススメがあり、皆さん飲み比べたり、スタッフの方に話を聞いたりして楽しんでいました。お酒を飲んでいなかった私も楽しくなってきたくらいです。

 

 

おつまみ

美味しそうなおつまみを囲みながら、おしゃべり楽しんでいる様子が見られ本当に楽しそうな様子でした。次回は、是非お酒をいただく側として参加してみたいです。

 

機会があれば福井の地酒を楽しみに「新酒まつり」に足を運んでみてはいかがですか。

 

 

T.F

創業四百余年・戦国大名朝倉氏秘伝の酒「蘭麝(らんじゃ)酒」 

2018年03月08日

日本酒

福井市の隠れ里とも呼べるような東郷地区に、ひっそりとその暖簾を守り続けている酒蔵
「青木蘭麝堂」があります。酒蔵と言ってもこちらで造られているのは漢方の生薬を十数種入れた
健康酒。戦国大名朝倉家に伝わる秘酒で、旧家である青木家が四百年余りも一子相伝でその製法を
守り、造り続けているのです。

 

昨年GENで取材させていただいたこともあり、私も蘭麝酒を家に常備しています。
疲れを感じた日や、今日はぐっすり眠りたいなと思う時はキャップに一杯、寝る前にいただきます。
味はカルーアのような感じでしょうか。まろやなか甘さで美味しいです。
この冬は厳しい寒さと大雪で大変でしたが、風邪を引かずにすんだのは蘭麝酒のおかげもあったかもしれません。そう言えば、ご当主の奥様も、ちょっと風邪気味だなと思ったら寝る前に蘭麝酒でうがいをするように多めに飲んで寝ると、翌朝は元気になってしまうと話していました。

 

それにしてもこの「蘭麝」という言葉、難しいけれども何だか一度聞いたら忘れられない気がしませんか?インタビューの中で奥様も話していましたが、「蘭麝」とは広辞苑にも載っているれっきとした
日本語なんですね。
※ 蘭麝 - 蘭の花と麝香との香り。また、よい香り。(広辞苑より)

 

青木蘭麝堂は一乗谷朝倉氏遺跡からほど近い、郷愁をそそる用水の流れに癒されるとても静かな環境にあります。朝倉氏遺跡に行かれた時は、帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。優しいご当主夫妻が歓迎してくれること間違いありません。また西武福井店でも「蘭麝酒」と「うす墨桜」を買うことができます。(H.S) 

 


風情ある青木蘭麝堂の玄関と周辺

 


店頭の様子。壁には昔の製造法の絵図も

 


蘭麝酒と大体一回に飲む分量

 

※取材に伺った時の動画はこちらです。

黒龍の酒造り「稲刈り体験」-ありがとうプロジェクト2016-パート3

2017年03月16日

日本酒

先日よりご紹介しているありがとうプロジェクトの稲刈り体験。

開会式の後はいざ田んぼへ。

田んぼに着くと、まず農家の方が丁寧に刈り方を説明します。

 

農家の方は「何しろよく切れる鎌なので、手を稲と一緒に刈らないように」と、

何度もおっしゃっていました。おかげで誰もけがをせずにすみました。

 

稲は鎌を使って刈り取っていきます。

これは簡単に見えて、意外に難しいのです。

角度に気を付けないとうまく刈れません。


 

そして2本の束にした稲を十字に重ね、わらで結んでいきます。

これは後で「はさ掛け」して干すために必要な工程です。


 

そして次は脱穀です。大きな機械を使ってどんどん脱穀されていきました。



 

途中、農家の方が参加者に声をかけて、コンバインでの稲刈り体験も始まりました。

とっても大きなコンバインで迫力があり、あっという間に田んぼ一面を

駆け巡り稲を刈っていく様子は圧巻でした。


 

けがをした人はいなかったものの、前日の雨で土が少し軟らかくなっていたので、

足を取られて歩きにくそうだったり、転んでしまったりと苦戦する様子が見受けられましたが、

転んでしまった人も、稲をよけて土の上へと転ぶ様子に稲への愛情をひしひしと感じました。

 

終始、全員が真剣に刈り取りに集中したおかげで予定より早く終わり、

予定していた範囲以外も刈り取ることができました。


 

稲刈り後、皆さんホッとした表情を見せながら戻っていきました。



T.F

 

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

黒龍の酒造り「稲刈り体験」-ありがとうプロジェクト2016-パート2

2017年03月12日

日本酒

2016年8月28日(日)ありがとうプロジェクトに朝早くから、参加者の皆さんが集まってきました。

参加者の中には、とても可愛い長靴やTシャツの方、準備万端で大きなカバンいっぱいに
色々な物を持ってきている方もいて、いかに皆さんが楽しみにしていたかが伝わってきました。

開会式では黒龍酒造株会社の水野社長、農家の方、スタッフより挨拶がありました。



開会式後、早速稲刈りをする田んぼに向かいました。

今回から新しいメンバーも加わり、さらに賑わいを見せています。

さあ、お待ちかねの稲刈り体験です!次回のブログをお楽しみに!

T.F

 

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

黒龍の酒造り「稲刈り体験」-ありがとうプロジェクト2016-パート1

2017年03月05日

日本酒

2016年8月下旬、5月の田植え体験で参加者たちが植えた苗は1メートルほどの立派な稲に育ちました。

黄金色の稲穂が一面、風にそよぐ田園の風景は、日本の夏の終わり、

そして秋の訪れを感じさせてくれます。

8月28日(日)、ありがとうプロジェクトhttp://www.genjapan.com/ja/blog/content/1090 

の参加者、黒龍スタッフ、有志の会の皆さんによって、農家の方の指導のもと無事に

その稲刈りが終了しました。

 

この日は台風が日本に接近していたこともあり、天候が不安定で、開始時には小雨が

降り始めてしまいました。そんな中、黒龍スタッフや有志の会の方々は綿密に打ち合わせを行い、

一生懸命、忙しく走り回って対応されていました。

その甲斐あってか何とか天気も持ちこたえ、無事に稲刈りを終えることができました。

稲刈りにとってはあまりよくない天候となってしまいましたが、取材する私達にとっては

暑すぎず、また参加者の皆さんも快適に稲刈りを行うことができたのではないでしょうか。

開会式と稲刈り体験中の様子もお楽しみに!

 

T.F

 

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

ページ