福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

%1

田中マネの食堂

2020年02月13日

グルメ


田中さん(左)と笠原さん(右)、二人がオーナー

 

GENの事務所にも近い繁華街、通称「片町」に昨年(2019年)オープンした「田中マネの食堂」に行って来ました。ちょっと風変わりな店名は「田中マネージャー」の略。長年地域の社会人ソフトボールチームのマネージャーを務めながら選手たちに食事も提供してきた田中さんが料理の腕をふるいます。飲食店を出すことはチームの監督笠原さんと田中さんの共通の夢だったそうで、お二人は共同経営者としてその夢を実現させました。

 

カウンターには油揚げや里芋といった福井の郷土料理には欠かせない食材を使ったお惣菜の大皿が並んでいます。その他、注文に応じて田中さんがいろいろな料理を作ってくれます。一人で軽く飲みながら食事をしてきましたが、お二人の人柄でしょうか、初めてでもゆったりくつろぐことができました。
T.S

 


こじんまりした店内はカウンター7席、テーブル2席

 


福井の郷土料理といえば「たくあんの煮たの」

 


食事にガパオライスを頼みました。ナンプラーがほんのり効いています(笠原さんはこれが苦手とか)。

 


福井県福井市順化2-21-3
営業は11:30-14:00, 17:30-22:30、土日祝定休

 

大阪のおすすめお土産「りくろーおじさんの焼きたてチーズケーキ」

2020年02月09日

グルメ

最近、大阪へ行くと買って帰るのが、 りくろーおじさん の焼きたてチーズケーキです。いくつかある店舗でそれぞれに焼き上げており、店には行列ができていますが、それもそのはず、焼きたてのチーズケーキが何と 18cmホール 725円(税込)というお値段で買えるのです。

 

りくろーおじさんのチーズケーキは、しっとりふわふわ、甘いものが苦手な人でも大丈夫。底のレーズンもちょうどいいアクセントになっています。

 

ところで、りくろーおじさんとは?
(以下、りくろーおじさんの店HPより)

西村陸郎(にしむら りくろう 1933-2007)
昭和8年3月、兵庫県淡路島の山村に生まれる。16歳のときに大阪の菓子問屋「銭屋本舗」に奉公するが、和洋菓子の技術習得を目的に村上製菓に再就職し、23歳で独立。昭和31年に千鳥屋を創業。昭和59年、北加賀屋店の開店と同時に発売した焼きたてチーズケーキの焼印として「りくろーマーク」が誕生。平成元年1月になんば本店開店。店名を「りくろーおじさんの店」に統一する。社運を賭けて取り組んだ焼きたてチーズケーキは「りくろーおじさんの店」の看板商品として多くのファンを持つ。大阪市内に11の直営店を経営するリクロー株式会社の創業者。(H.S) 

 


焼きたてチーズケーキ
(りくろーおじさんの店HPより)

 



【りくろーおじさんのチーズケーキ焼印動画】
焼きあがると鐘が鳴ります。ぷるぷるです。

世界で唯一・空港の中にあるワイン醸造所「大阪エアポートワイナリー」

2019年12月08日

グルメ

先日の石垣島は伊丹空港(大阪国際空港)から那覇経由で行ったのですが、実は伊丹空港には世界で
ただひとつの空港内ワイナリーがあるんです。その名も「大阪エアポートワイナリー」。ワインバルも
併設されているということなので、出発当日は早めに空港入りしてランチタイムに寄ってきました。

 


お店の外観

 


店内の様子
醸造タンクを見ながらワインが楽しめます

 


ここで造られた赤ワイン(荒濾過)
コンコード種なので甘いかなと思いましたが、フレッシュさが口いっぱいに広がり、
とってもフルーティで美味しかったです
シャルドネなど白ワインも何種類かあります  

 


ワインに合うお料理も色々あって、どれもボリューミーでした   

 


伊丹空港のスリーレターコードITMが目印のお土産用ワイン 
醸造責任者 照屋賀弘(てるや しげひろ)さんの名前も載っています

 

現在、伊丹空港ターミナルビルは改修工事中ですが、2020年夏に全館リニューアルオープンとのことです。(H.S)

越前市のおすすめ蕎麦店「うるしや」

2019年11月04日

グルメ

かつて昭和天皇におろしそばを献上したこともある、二十数年前から休業していた老舗蕎麦店「うるしや」さんが今年春に復活。インスタグラムでもよく目にしていたのですが、そのレトロな雰囲気や評判を聞いて私も是非行ってみたくなり、先日ようやく行くことができました。

 

お店は越前市のおそんじゃさん(総社大神宮)北側にあり、ボルガライスで有名なヨコガワ分店からもすぐです。このあたり寺町界隈は石畳になっていて、古い洋風建築があったり、おしゃれな惣菜店やカフェなどもあって、しっとりと雰囲気のあるエリアです。駐車場はお店近くに何カ所か分かれてあるので、初めて行く際にはお店の人に聞いてみてくださいね。

 

お店の中はさすが老舗だけあり、趣ある庭や床飾り、しつらえがとても上品です。ご主人や接待の方も皆さん優しくて居心地よく、そしてお蕎麦ももちろん、香り高くてとても美味しくいただきました。お茶うけにと蕎麦みそを出してくださったのですが、これがまた美味でした。越前市に来たらまた是非寄りたいお店です。(H.S)

 


店内の様子
手前側はテーブル席になっています

 


テーブル横のしつらえ

 


メニュー表 
蕎麦だけでなく、会席もあります

 


私はおろしそばの天ぷら盛合せセット(田舎風)にしました
名代の方は麺に抹茶が練り込まれていて、辛み大根のだしに麺をつけて食べるスタイルだそうです

 


お店入口にあった花のアレンジメント 

 


こちらも入口にあった蹲(つくばい)
秋らしいですね

 


大正時代の建物という店の玄関
お見送りしてくれたスタッフの女性が、恥ずかしいので後ろ姿なら、と写真に入ってくれました

バンボッシュ・ド・ヤマのワンプレートランチ

2019年10月18日

グルメ

 

時々お昼にもバンボッシュ・ド・ヤマに行きます。福井市の繁華街、通称片町の中心から少しはずれた一角にある、民家のような外見のこじんまりしたビストロです。気取らない感じがいいんです。

 

お昼に頼むのはいつもこのワンプレートランチです。メインの料理は時々変わります。おいしそうでしょ?これにコーヒーがついて1,000円(税別)。毎回「パンが熱いので気を付けて下さい」と言われます。

 

飲食店って混んでてもいやだし、空きすぎてても落ち着きませんが、ここはいい感じのバランスですね。お昼は予約なしで行きますが、だいたい入れます。
T.S

 

関連ブログ
福井市順化 バンボッシュ・ド・ヤマ(Bamboche de Yama)

ページ