福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

%1

高速道路のうどん専門店 はなまるうどん屏風山PA上り店

2019年03月05日

グルメ

 

久しぶりに走った中央高速道路の屏風山PAで、さぬきうどんチェーンの「はなまるうどん」を見つけ、
珍しさを感じたのと、寒かったことから写真の「はまぐりうどん」を食べました。

 

早朝だったので小サイズを頼んだのですが、たくさんはまぐりが載っていて、またスープにも貝の味が良く出ていておいしかったです。

 

この高速道路の「はなまるうどん」は、僕が見慣れていなかっただけでもう5年以上前からあるようです。隣にあった「吉野家」とは同じグループ企業で、最近この二店のセットで高速道路への出店を進めているのだとか。

 

僕は麺類は好きですが、そばアレルギーなので、同じ厨房ですべての麺類が調理されるフードコートでは麺がそばと同じ釜でゆでられていることを警戒して、うどんもラーメンも食べることはありません。

 

でもうどん専門店なら安心して食べられます。
この時がもしかしてPAやSAでの初うどんかも。
T.S

福井のカニ 

2019年02月20日

グルメ

福井のカニは、大きく分けると三種類あります。

 

 

越前ガニ

大きくて高価なことで知られているのはオスのズワイガニ「越前ガニ」。

漁期は11月6日~3月20日。4月~10月は禁漁期間となっています。

多くの福井県民にとっても贅沢な食べ物で、普段よく食べられるものではありません。

 

 

ずわいガニとせいこガニの違い
せいこガニの外子と内子の違い
せいこガニの中身
出典:Rakuten

 

「背子(セイコ)ガニ」はメスのズワイガニです。小さいカニですが、

プチプチとした食感の外子(そとこ)と濃厚な内子(うちこ)が魅力です。

11月6日~12月31日が漁期 (1月10日に終わることもある)。

「越前ガニ」と比べるとお値段が手ごろなカニで、福井の食卓に上ることも多いです。

県内の学校によっては給食に出るところもあるそうです。

 

越前ガニやセイコガニは中身を食べた後も、日本酒を注ぎ「甲羅酒」を楽しむことできます。

 

オスの脱皮直後の「水ガニ」は、ちょうど今の時期に獲れるカニです。

「若ガニ」と呼ばれることもあります。殻から身がズボッと取れることから、

「ズボガニ」とも呼ばれています。ズワイガニと同様に足が大きいですが、

お値段は3分の1ほどで食べやすいので人気です。

 

 

水蟹

私も先日、「水ガニ」をいただきました。やはり身が出しやすいので食べやすく、

身は他のカニより水々しくジューシーでした。県外から福井に来ていた友人も

いっしょに食べましたが、大きな身をズボっと出し、どんどん食べられるので大満足の様子でした。

 

 

福井県観光連盟の動画、「動画で観る福井、冬の味覚の王様!越前がに」を

シェアさせていただきます。迫力があるセリの様子も見られます。

去年と今年は不漁らしく、なかなか食べる機会がありませんでした。

来年に期待したいです。

 

まだ福井のカニを食べたことがない方も、是非機会があれば福井のカニを堪能してくださいね。

 

T.F

新福菜館(しんぷくさいかん) ー京都の行列のできる老舗ラーメン店ー

2019年02月14日

グルメ

京都駅の近くにある「新福菜館本店」に行ってきました。

 

 

ラーメン屋新福菜館の行列

出典:じょなさんぽ

前回は外に長い行列ができていて30分以上待ったのですが、電車の時間が迫ってきて

食べられませんでした。今回はラッキーなことにすぐに入れて、ゆっくり食べられました。

 

 

京都のラーメン屋、新福菜館のラーメン

70年以上も営業しているこちらのお店のラーメンの特徴は黒いスープです。

一見すると、富山のブラックラーメンに似ているような気がしました。

並ラーメンにネギと玉子をトッピングしてもらいました。福井では「ラーメンに玉子」と言えば、

煮玉子が出てきます。なので生卵がラーメンの上に乗っているのをいただくのは初めてで驚きました。

 

テレビ番組、ケンミンショーで出演者が「京都の人はドロドロした濃い味が好きだ」と話しているのを見たことがあります。こちらのラーメンは見た目よりあっさりしていて食べやすかったです。

 

 

京都のラーメン屋、新福菜館のチャーハン

そしていっしょに頼んだチャーハンは香ばしい味で、こちらも大変美味しくいただきました。

 

ちなみにネットとコンビニで購入可能だそうです。

 

私は行列のできるラーメン屋さんに行ったのは初めてでしたが並んだ甲斐があった

美味しさだったので、なぜ行列ができるか納得できました。

 

機会があれば立ち寄ってみてくださいね。平日の夕方前あたりがすいているみたいです。

 

T.F

福井のレストラン「イタリア」 ーハープを奏でるシェフと昭和の味ー

2019年01月31日

グルメ

福井駅近くのユアーズホテル地下一階にあるレストラン、イタリア

福井駅前にあるユア-ズホテル地下1階のレストラン「イタリア」に行ってきました。

こちらは昭和46年(1971)に創業した福井初のスパゲティーとピラフの専門店です。

自家製のトマトソースが別売りされているほどソースにこだわりがあるお店です。

 

 

レストラン、イタリア店内

その味とお店の雰囲気はどこか懐かしい感じがします。

 

 

お昼のお徳用メニューの看板、1140円

この日、私はランチメニューを頼みました。ピラフはスパゲッティーに変更できるとのこと。

私はスパゲティーが大好きなので変更してもらいました。

 

 

熱々のコーンクリームスープ、少し甘い優しい味

まずは熱々のクリーミーなスープが始め出され、優しい味に身も心も温まりました。

 

 

スパゲティー、昭和の味的な懐かしい味がするオリジナルミートソース、小さいエビフライ、ソーセージフライ、サラダ

そしてサラダ、オリジナルソースがのったスパゲティー、さらにその上には海老と

ソーセージのフライがのっているプレートが出てきました。ボリュームたっぷりで大満足!

 

 

食後にはエスプレッソがついている
ハープ

食後には、エスプレッソとシェフが奏でるハープと楽しいお話を聴きました。

料理人さんがレストランでハープを弾いているのを見るのは初めてで驚きました。

 

 

笑顔でハープを持って座っているシェフ、優しそうな笑顔

ご本人も、「ハープを弾くシェフは珍しいですね、おそらく日本では私くらいかな」と

笑顔で話していました。

 

お食事はもちろん、昭和の雰囲気とハープの演奏も楽しめる「イタリア」。また行きたいお店です。

*ハープ演奏はいつも聴けるということではないようです。

 

 

ちなみに息子さんは福井市の加茂河原で「ル・ディアマンローズ  Le DiamantRose」という

フレンチレストランをやっているそうなので、そちらも機会があれば是非行ってみたいと思います。

 

T.F

 

イタリア

住所:福井県福井市中央1-4-8 ユアーズホテルフクイ地下1階

営業時間:11:00~21:00

定休日:木曜日

鬼の顔のお菓子

2019年01月23日

グルメ

鬼の和菓子

 

これは先日福井で買った鬼の顔をかたどった上生菓子、直径4cmくらいの練り切り細工です。
一月も後半になると和菓子屋さんはすっかり節分モードのようです。

 

この鬼という存在、強くて怖いものかとおもえば、やさしかったり、かわいかったり、ちょっとマヌケなところもあったりします。このお菓子の鬼も作り手の手加減ひとつでいろいろな表情になるんでしょう。

 

この時季日本中の和菓子屋さんにどんな顔の鬼たちが並んでいるのかと思うと楽しくなります。
T.S

ページ