福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

%1

バンボッシュ・ド・ヤマのワンプレートランチ

2019年10月18日

グルメ

 

時々お昼にもバンボッシュ・ド・ヤマに行きます。福井市の繁華街、通称片町の中心から少しはずれた一角にある、民家のような外見のこじんまりしたビストロです。気取らない感じがいいんです。

 

お昼に頼むのはいつもこのワンプレートランチです。メインの料理は時々変わります。おいしそうでしょ?これにコーヒーがついて1,000円(税別)。毎回「パンが熱いので気を付けて下さい」と言われます。

 

飲食店って混んでてもいやだし、空きすぎてても落ち着きませんが、ここはいい感じのバランスですね。お昼は予約なしで行きますが、だいたい入れます。
T.S

 

関連ブログ
福井市順化 バンボッシュ・ド・ヤマ(Bamboche de Yama)

越前市のおすすめレストラン「王様の食卓」

2019年10月13日

グルメ

台風19号の被害に遭われました皆様には心からお見舞い申し上げるとともに、一日も早く元通りの生活に戻れますよう祈っております。

 

さて、ちょっと前になりますが、福井県越前市にあるレストラン「王様の食卓」でランチをいただいてきました。

 

お店ではちょうどランチタイムのパン食べ放題サービスをやっていました。(10月25日まで)カウンターで好きなパンを選ぶと温めてテーブルまで持って来てくれるのです。コーヒーもセルフサービスでお代わり自由というのもうれしいですよね。お手頃価格でボリュームのあるランチが楽しめるし、オーナーはじめスタッフの皆さんも親切で、人気店なのも納得でした。サンドーム福井からほど近いので、イベントの際などに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。(H.S) 

 


とっても気さくなオーナー。写真撮影にも快く応じてくれました。
このカウンターのパンが全部食べ放題なんですよ。

 


店内の一部。手前側にも、個室や仕切りのあるテーブル席がいくつかあるのでけっこう広いお店です。(個室希望の場合は予約をおすすめします)

 


ランチセットの前菜とサラダ

 


たくさんあるメニューの中から迷って選んだデミグラスハンバーグ

 


ランチセットのデザート

福井のおすすめ薪火料理店「ブシェリ片町」

2019年09月12日

グルメ


「ブシェリ片町」は、その名の通り福井市片町にあるお店です。 
ブシェリ片町 Facebookページ

お店のジャンルとしては【薪火料理と熟成肉がメインのバル】ですが、バルと言っても店内が広いので高級感があります。お店で一番人気はTボーンステーキとのこと。私は今回ラムをいただいたのですが、クセもなく、とても美味しかったです。お肉料理以外のサイドメニューやワインも充実しているし、店内も木目調の落ち着いた雰囲気で、また是非訪れたいお店です。

 

片町は日曜休みの飲食店がほとんどなのですが、ここは日曜も営業しているので家族連れにも便利ですね。(月曜定休)(H.S)

 

 

 

 

 

【幻のバター】カルピスバター

2019年09月07日

グルメ


カルピス特撰バター 450g(有塩)

 

バターが好きです。
冷蔵庫に常備していますが、ようやく先日、念願だったカルピスバターを取り寄せました。"幻のバター"とも呼ばれるカルピスバターは、カルピスを作る工程でできるクリームから生まれ、限られた量しか生産されていません。

 

カルピスバター おいしさの秘密

 

ワクワクして箱の中の包み紙を開けてみると、普通のバターより少し白く見えます。思わずそのまま食べたい衝動をどうにか抑えて、トーストにたっぷりのカルピスバターを塗っていざ実食!すると、カルピスを連想させる甘さなどはなく、濃厚なバターですが上品な味で、確かに質の良さを感じました。ふつうの食パンでもすごく美味しくなりますね。次は、バター醤油かけご飯やガーリックライス、フレンチトーストなどにして楽しみたいです。

 

ところで、バターと言うと高カロリーで高脂質。身体に悪いと敬遠している方も多いのではないでしょうか。でもそれはちょっと違うかもしれません。たとえば、トーストを食べる時もそのまま食べるより、バターを塗った方が、血糖値の上昇を抑えることが分かっています。また、バターにはビタミンAやDが豊富に含まれているのでアンチエイジング効果も期待できるのです。ただし、何でもそうですが食べ過ぎるのは良くないと思うので、適量で美味しくいただきたいと思います。(H.S)

福井源の黒酢酢豚定食

2019年09月03日

グルメ


だいぶ涼しさを感じるようになったとは言え日中の気温は30度前後になることが多い。まだりっぱな夏ですね。そして昼、暑くて食欲があまりない時にでも食べたくなるのがこの黒酢酢豚です。ふつうの酢豚と違って、具は肉だけ。それに黒酢の甘酸っぱいタレがからんでいます。このお店は中国人の家族が経営しているようなんですが、四川風とか北京風とかでいうと、どこ風のスタイルなんでしょうか。ともあれ僕はこの味が好きで、十数種類ある定食メニューの中では、こればかり食べています。

 

いつもそこそこ賑わっていて、そしてランチタイムでも禁煙ではないお店なので、たまに近くのテーブルから煙が流れてくることがあります。それだけが僕にとっては難ですが、まぁ仕方ないですね。今日は運が悪かったと思ってしばらくがまん。それをさし引いても、気取らない雰囲気と、安くておいしいメニューが魅力で、週に一、二回は足が向かいます。
T.S

ページ