福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

新着順

花垣・南部酒造場 酒蔵まつり

2019年05月16日

日本酒

先週末、大野市の七間(しちけん)通りで開催された 「花垣」 酒蔵まつりに行ってきました。七間通りでは「山菜フードピア」も同時に開催されて、奥越の山々で収穫された山菜を中心に、春の地元の味が勢揃いしていました。

 

花垣の酒蔵まつりに来たのは今回が初めてです。酒蔵まつりでは、仕込み蔵の自由見学、蔵人ガイドによる見学ツアー、無料のきき酒教室も開かれて、私はきき酒教室に参加してきました。教室には、東京から駆け付けた熱心な花垣ファンの女性もいました。

 

教室では5種類のお酒で、きき酒にチャレンジするのですが、素人の私でも温度や器によって香りや味が変わることが分かりました。でも自分の感じた微妙な味わいを言語化するのは本当に難しい!あるお酒の香りを「湿った苔の匂い」と表現した参加者がいて、すごいと思いました。講師を務めた杜氏さんいわく、これは表現する訓練を積むしかないそうです。私もまた修行を積んで再挑戦してみたいです。

 

店舗の隣では、特設の「酒蔵BAR(バル)」がイベント期間のみオープン。花垣スタッフと差しで貴重な裏話を聞きながら、何種類もある花垣のお酒をグラス一杯からいただくことができます。造り手が熱く語る話には目からウロコが落ちっぱなし。ワインと日本酒との決定的な違いや、なぜワインには当たり年があって日本酒にはないのか、米や土壌のこと、そして杜氏の本当の凄さが分かって、日本酒の深さにますます感じ入りました。(H.S)

 


店頭ではこの時しか買えない限定酒や、樽から直接瓶詰めする販売もありました

 


私はイベント限定の純米原酒「茶木屋」(ちゃのきや)を買いました
まるで白ワインのようなボトルです
ちなみに茶木屋とは、大野藩の御用商人だった南部酒造場さんの江戸時代からの屋号だそうです
このお酒は冷やでも燗でも、そして何と水で割っても美味しいそうです

 


店内入ってすぐ右にある古い茶室の入口 
それと、お店の方が教えてくれたのですが、店内には中庭が見える色付ガラスが
はめ込まれている箇所がありました
中庭には桜が植えられているそうなので開花の頃また是非見てみたいものです

 


酒蔵BARも賑わってました

 


酒蔵BARのメニュー

 


鑑評会用に蔵の総力を注ぎ込んで醸した非売品の大吟醸
その名も「究極の花垣」が、今まさになみなみと注がれて...

 


花垣が誇る蔵人三人衆ここにあり
(左から製造部長・杜氏、次期蔵元、杜氏・頭)

経ヶ岳に登ったら、頂上にカタクリがたくさん咲いていました

2019年05月14日

自然・植物・動物


↑経ヶ岳の頂上に群生していたカタクリ

 

5月11日(2019年)に福井県大野市にある標高1,625mの山、経ヶ岳(きょうがたけ)に登ったら、山頂にカタクリの花がいっぱい咲いていました。開花時期を狙って登ったわけではなく、偶然ちょうどいいタイミングだったようです。

 

登山道の途中には他にもいろいろな花が咲いていたのですが、名前が分からないものの方が多いのが残念ですね。山の動植物についてもっと知りたいなと思います。
T.S

 


↑登山道の途中で見つけたイワナシの花。その実は梨に似た味がするとのこと。

 


↑けっこうたくさん咲いていたイワウチワ。イワカガミと似ていますが葉っぱの形が違います。

 


↑頂上からは白山が間近に見えました。

 

福井のおすすめお好み焼・鉄板料理のお店「旬ふく食彩 よしな」

2019年05月09日

グルメ

以前から気になっていたお店、「旬ふく食彩 よしな」に先日初めて行ってきました。

 

「よしな」では、福井産トマトを使った新感覚のお好み焼や福井の食材の鉄板料理がいただけます。店の場所はJR福井駅ほぼ正面。駅西口右側にある東横イン前の横断歩道を渡ってすぐ、コンビニの隣にあるので観光で来た方にも便利ですね。

 

人気のお店なので、平日でも予約をした方が確実です。私が行ったのも平日でしたが、お客さんを何人も断らなくてはならず、スタッフが謝っていました。お店は今のところランチ営業はしていないのですが、スタッフによると、お昼はカフェをやりたいとオーナーが言っているようで、楽しみですね。またすぐにでも訪れたいお店です。(H.S) 

 


通りに出ているお店の看板
樽の上に置かれているのは福井の地酒
「一本義」と「梵」というチョイスもグッド!

 


京都の町家風エントランス
これだけの奥行き、福井ではめずらしいです

 


お店の代表メニューとも言える「トマトのお好み焼」
(この画像はお店のHPから)
福井県産「越のルビー」を使用していて、店オリジナルのソースと
トマトの酸味の相性が素晴らしく、美味しさがとまりません
他に「アボカドのお好み焼」もおすすめ
お好み焼と鉄板料理は、焼いたものをテーブル上の鉄板まで持って来てくれます

 


お好み焼・鉄板焼の他に一品料理もあります
写真は別に注文した豚しゃぶサラダ

ゴールデンウィーク初日の立山は真冬のような寒さでした

2019年05月07日

スポーツ

4月27日~28日(2019年)の日程で富山県の立山に出かけてきました。

 

初日は予報通りの悪天候で、猛吹雪と-10℃を下回る寒さの中でのテント設営となりましたが、夕方には風も止み、夜中には黒い所が無いくらい埋め尽くされたすごい星空!

 

そして翌日は無風快晴で素晴らしい眺望や雷鳥の姿を楽しみながらの立山三山縦走と、雪山の魅力を凝縮したような二日間でした。

 

もうしばらくすると立山は高山植物が咲き乱れる夏山になります。季節によって違った魅力を持つ、日本を代表する山岳リゾートだなあといつも思います。
TS

 


雷鳥沢。吹雪の中で設営した一人用テント

 


二日目の朝。雷鳥沢キャンプ場から見た立山三山(台形状の右から左へ、雄山~大汝~富士の折立)

 


立山の主峰、雄山の頂上から富士山と槍穂がよく見えた

 


雄山頂上のお社の脇に見える剣岳

 


縦走中、目の前に現れた雷鳥のつがい

 

『禅、シンプル生活のすすめ』枡野俊明著 

2019年04月25日

今日は、いつも手元に置いて繰り返し読んでいる本の紹介をしたいと思います。著者の枡野俊明(ますのしゅんみょう)さんは曹洞宗徳雄山建功寺の住職でありながら、日本を代表する庭園デザイナーです。

 

枡野さんが禅僧でありながら、なぜ庭のデザインを手掛けるようになったかというと、かつて禅僧は修行を通して会得した心を何かに置き換えようとした、その一つが庭だったからです。たとえば、平面が好きな人は墨絵を描きました。

 

「庭は自然の素材を使っているから、どんどん変化していく、それが禅で言う無常。無常とはとどまっていないということ。この世の森羅万象すべてが少しずつ変化していくし、変化していくことが、私たちの命であり、一生。それを変えたくない、とどめたいと思うから、そこに悩みが生まれて苦しみになるんです。変化をそのまま受け入れると、悩みや苦しみだと思っていたことが、そうでは無くなる。それに気付く場所が庭なんです。そして変化していくことに美しさを見出そうとしたのが日本人なのでしょう」と枡野さんは言います。

 

さて、本の中から一部抜粋してみると…
◆いらないものを捨てる
― 私たちは、物事がうまくいかないとき、「何かが足りない」と思ってしまいがちです。でも、今の状況を変えたいなら、何かを「得る」よりもまず「手放す」ことが先。執着を捨てる。思い込みを捨てる。持ち物を減らす。シンプルに生きるとは、心や体の荷物を捨てることでもあります。手放す・捨てるという行為は、なかなか難しいものです。人との別れがつらいように、ときに痛みをともなうこともあるでしょう。でも、物事の流れをよくし、軽やかに生きたいのであれば、まずは手放すことから始めてください。手放した瞬間、新たに入ってくるのは「豊かさ」です。―

 

捨てると豊かになるというのは矛盾しているようですが、物がないと不安だった今までの自分から一つ上のステージに上がったという自信がついて、心に強さと余裕が生まれるということかもしれません。私も今度の連休には、ふだんできない片付けや掃除をしたいと思います。(H.S)

 


枡野さんが設計したホテルの庭園をラウンジから望む
(写真はセルリアンタワー東急ホテル公式HPより)

 


夜の雰囲気も素敵です
(写真は同上)

 


福井県越前市のネコ寺として知られる御誕生寺の庭園も枡野さんによるもの
(写真は枡野俊明 + 日本造園設計のHPより)

 


開いたページに「答え」があるかも…

ページ