福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

新着順

日本が30年間も英語教育政策で右往左往している根本原因―背景に「ペラペラコンプレックス」

2020年05月24日

雑感

少し前になりますが、 PRESIDENT Onlineのある記事が目に留まりました。記事は鳥飼玖美子さんと斉藤孝さんの対談でしたが、共感しきりでしたので、一部ご紹介したいと思います。

 


鳥飼玖美子さん (PRESIDENT Onlineより)

 

―2020年度に始まる大学入学共通テストで「英語の民間試験」の導入が土壇場で見送られた。これに限らず、日本は30年間、英語教育政策で右往左往している。原因はどこにあるのか。鳥飼玖美子さんは、「話す力」を「英会話」と考えることが根本的におかしいと指摘する。―

 

―【鳥飼】この一連の英語教育改革の非常に大きな問題点は、日本語との関係を希薄化させていることです。外国語の学習には母語が重要なのに、それを一切切り捨てようとしている。
【斎藤】スピーキングに対するコンプレックスは日本人全般にありますね。英語をペラペラに話せればかっこいい。たどたどしいジャパニーズ・イングリッシュは恥ずかしいと。しかしそれは大学入試で試すべき力なのか。
【鳥飼】本当にその通りです。ペラペラと話したい人はそういう努力をすればいい。大学入試では、高校で学んだ基礎力、特に読む力を測るべきでしょう。
【斎藤】だいたい制度というものは、一気に変えるより徐々に改良していく方がいい結果を生みやすい。現在の英語のセンター試験には、すでにリスニング問題が組み込まれています。だからそれをより重視する方向で改良すれば、コミュニケーション能力は測れると思います。
【鳥飼】その通りで、四技能を個別に測る必要はないんです。四技能は別々に教えるものでなく、総合的に学ぶものです。試験だって総合的な力を測定すればよいので、なぜスピーキング力を別に測定しないとならないのか解せません。―

 

鳥飼さんは、英語の四技能を個別に測る必要はないと断言していて、私は胸がすく思いでした。以前読んだ鳥飼さんの著書『本物の英語力』にはこんな記述もありました。

 

―企業に勤める人たちにアンケートを取った結果を見ると、「Eメールに対応するため英語を書く力が必要」という答えが多様な職種に共通していました。今や電話よりメールですから、会話より読み書きの力が求められるのです。TOEICはリスニングとリーディングが主体の検定試験ですが、スコアを重視する企業もあれば、「仕事の能力までを測るわけではないので採用の段階では参考程度」という企業もあります。―

 

後者の考えには同感です。英語ができる=仕事ができる、ではないのは自明のことで、既にそれに気づいている企業はあるということなのでしょうね。(H.S)

アフターコロナになっても続いて欲しい事

2020年05月22日

雑感


上の写真は先日福井市のラーメン店「多弐家(たにや)」で、注文した品と1人分の箸とレンゲが目の前のカウンターに出されたところ。ラーメンは僕の好きな「醤油太麺」です。

 

世の中にコロナ問題が出現して以来、それまでこの店のカウンターに常時置かれていた調味料類や箸立てレンゲ立てなどがきれいに姿を消しました。それらは全て注文に応じて必要な分だけ手元に出される形になったのですね。たしかに誰でも触れることができる所にそうした物が当たり前に置かれていた事が今思うと不思議なくらいです。

 

お店の人の手間はいくらか増えたでしょうが、今の実にすっきりしたカウンターを見て、これからコロナが収束した後もこのやり方は続いてほしいなと思いました。
T.S

 


コロナ以前の同店のカウンターの様子
(この写真は食べログより引用)

映画「Fukushima 50」鑑賞

2020年05月17日

映画


映画「Fukushima 50」公式サイトより

 

本来ならぜひ映画館で見たい作品でしたが、新型コロナウイルスで行きづらい状況が続き、とうとう映画館自体も休館となり、当分見られないと諦めていたところ、新作にもかかわらず配信で見られることになったので早速見ました。

 

この映画は今さら言うまでもなく、東日本大震災にともなう福島第一原子力発電所事故現場での作業員たち約50名の必死の闘いを描いたものです。(原作: 門田隆将著 『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』)原発での想定外の非常事態、その描かれる状況が今の世界とも酷似していて、吉田所長の「慌てるな」「油断するな」「何でこんなことになっちまったんだ?俺たちは何か間違ったのか?」「生きて帰ろうな」という言葉どれもが重く響いてきました。もはや映画に描かれた原発事故が、今のパンデミックの序章に思えて仕方ありませんでした。

 

そしてつくづく感じたのは、最悪のもう一段階最悪の想定をしておくこと、この世に「絶対」はどこにもないこと、危機管理、マニュアルの準備、やるべきことの順序を守ること、日頃からの訓練、平時からの備え、ルールの徹底、根拠のない楽観主義の怖さです。信頼できるリーダー、統一された指揮系統ももちろん必要です。

 

これからも未曾有の自然災害や未知のウイルスが我々を襲う可能性はあるでしょう。喉元過ぎれば熱さ忘れるのは誰しも同じだと思いますが、直近の事象についても風化させず、あらゆる側面から検証して学び続けることが必要だと痛感しました。そしてたった今も陰ながら命懸けでこの国を守ってくれている人たちがいることを忘れてはいけないと改めて思います。(H.S)

 

映画予告編

道の駅九頭竜の恐竜の親子

2020年05月11日

雑感

 

福井県大野市にある道の駅九頭竜のシンボル、恐竜の親子が動いている様子です。昨年秋に撮影したものですが、今年ももう冬籠りを終えてこの場所に戻っているはずです。すぐ脇の道路を走る車の音と恐竜の鳴き声を一緒に聞いていると、車におびえる子どもを親が守ろうとしているように見えてきました。
T.S

家で楽しむオープンカフェ

2020年05月10日

ふくい暮らし

外出自粛中のゴールデンウィーク、私は片付けなどにいそしんでいました。これまでゴールデンウィークと言えば、どこかへ出かけるものという世間の風潮でしたが、私はもともと家にいるのが好きなので、今年は罪悪感なく堂々と家で過ごしていました。

 

そんな中、パンケーキを焼いたので、アップルティーとともに庭のテーブルでしばしの休憩。咲き始めたバラやツツジ、他にも名前は分からないけど毎年咲く花たちを眺めていると、とても穏やかな気持ちになりますね。家の庭カフェもなかなか乙なものです。

 

福井は冬が長くて雨や雪も多いせいか、街中でもカフェのテラス席はあまり見かけませんが、新型コロナウイルス後のカフェ営業形態として、換気を第一に考えると、福井でも屋外のテラス席が増えていくのかもしれません。そうなると夏の暑さを避けるシェードや開閉式のスクリーンなどを設置する必要があるので、そういった設備導入には国や自治体から助成金が出るといいのでは?などと思うひとときでした。(H.S)

 





ページ