福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

新着順

葉っぱ模様の葉っぱ 福井県総合グリーンセンター

2019年12月02日

おでかけスポット


まるで植物のイラストを描いたような模様の葉っぱですね。
これはカラテアという観葉植物です。昨日福井県総合グリーンセンターに立ち寄った時に園内の「花の展示温室(通称タマネギハウス)」で見て、その模様の面白さに惹かれました。
午後4時近くで肌寒くなっていましたが、広大な園内のあちこちに散策や運動を楽しんでいる人たちがいました。散策している人たちの他に、芝生の上でサッカーボールで遊んでいる親子連れや、犬の散歩をしている人たちもいます。
「危険なペットは持込み禁止、硬いボールは禁止、…」といった掲示はありますが、公園にありがちな「犬の散歩禁止」「ボール遊び禁止」という看板はありません。何でも一律に禁止ではなく、マナーを守ってお互いに楽しみましょうという雰囲気が感じられて、いいなあと思いました。
TS

 


タマネギハウス内はクリスマス仕様。入口近くにはハート型の穴から顔を出す撮影スポットがあります。
(写真は公式ページより引用)

 


端から端まで直線距離でも1kmを超える広大な敷地。中心施設「ウッドリームフクイ」には展望台もあります。
(図は公式ページより引用)

石垣島の白保集落を散策

2019年12月01日

先週ブログに書いたケーキ屋さん「パピル」のある白保地区は、海にも近い昔ながらの静かな農村集落です。せっかくなので集落を少し歩いてみました。実は白保の歴史は古く、明和の大津波(1771年)では1500人以上が亡くなり、わずかな村人しか生き残りませんでしたが、波照間島や沖縄本島からの移住者を多く迎え、現在では500戸あまり、1600人ほどの集落となっています。豊年祭などの伝統行事も盛んで、歩いていたら立派な御嶽(うたき)が現れました。

 

そして白保と言えば、やはりサンゴ礁を忘れてはいけません。海岸から数百メートルの沖合には北半球最大のアオサンゴ群落をはじめ、120種類以上のサンゴやカラフルな魚たちが棲む豊かなイノー(礁池)が広がっているのです。(H.S)

 


集落の一角で咲き誇っていたブーゲンビリア

 


白保の海岸はサンゴの集まり

 


岩が並んでいるだけの船着き場

 


ひっそり静かな集落内の道 
サンゴの石積みやフクギの木が独特です

 


白保小学校前バス停
赤瓦の上には可愛いシーサー 

 


石垣市役所前にある居酒屋「八重山村」で夕食

 


「八重山村」のおいしいものランキング
元祖ぐるくんおにぎりは本当においしかった!(ごはんにぐるくんから揚げのほぐしたものが混ぜてあります)イカ団子もおいしかったです。店に入る時、ちょうど出てきたお客さんが「ぐるくんおにぎり、おいしいよー」と言いながら去って行きました(笑)。
※ぐるくんは、正式には「たかさご」という魚で、沖縄の県魚にもなっているそうです。ぐるくんのまるごとから揚げは沖縄料理の定番です。

 

【動画】さかなクンと行く!石垣島 白保の海(1'49")

石垣島の可愛いケーキ屋さん「おかしの家 パピル」

2019年11月23日

先週末、石垣島へ行ってきました。今回は野外フェス目的の短い滞在だったので、ほとんど観光もしませんでしたが、どうしても行きたいお店がありました。白保地区にある「おかしの家 パピル」というケーキ屋さんです。お店には開店前に着いてしまったのですが、奥様がにこやかに迎えてくださって、美味しいケーキとお茶をゆっくり楽しむことができました。石垣島に来たら、また絶対行きたいお店です。(H.S) 

 


お店の外観

 


私はモンブランをいただきました

 


イートインスペースになっている和室の天井にはサーフボード

 


最近のケーキいろいろ
(画像はパピルのFacebookページ @okashinoie.papiru より)

 


オーナーご夫妻は大阪から石垣島に移住
(画像は パピルのホームページ より)   

意外な絶景 手取峡谷

2019年11月20日

おでかけスポット

「こんな景色が隠れていたのか」とびっくりしました。意外な、と言っては失礼だけど、車から見ていた風景と停車して橋の上から見下ろした光景のギャップがすごかったんです。10日ほど前の天気のいい日にお隣石川県の手取峡谷に行って見た時のことです。白山から流れる手取川に沿って所々に見どころスポットがあるのでそのいくつかを巡ってみたんですが、ふつうの観光地っぽさは無く静かにそこにある風景を楽しむという感じで、それがまた良かったですね。こういう「観光地」をもっと巡ってみたいと思いました。
T.S

「黄門橋」わきの小さな駐車場と、右に見えるのが川沿いの並木。ふつうの川にしか見えない。奥は白山。

 


ところが橋の上から下をのぞくとこの風景。意外な高度感に少々緊張。

 


少し上流の「不老橋」にて。ここの駐車場は広い。

 


不老橋の案内板

 


さらに少し上流の綿ヶ滝(わたがたき)で滝の下に下りる少々スリリングな階段

 


階段を下りた所から見た落差32mの綿ヶ滝

 


綿ヶ滝から下流側を望む。左上に展望台が見える。この辺りはラフティングのコースにもなっているらしい。この階段の上の「綿ヶ滝いこいの森」にはキャンプ場の表示があり管理棟らしき建物もあったがもう営業していないように見えた。単に季節外れのせいか。展望台までは徒歩数分。

マーク・ピーターセン著『日本人の英語』

2019年11月14日

この本は、英語学習者にとっては必読書ともいえる一冊だと思います。このウェブサイトGEN は英語でも発信しているので、私もまだまだ英語学習者です。初版が1988年の本ですが、一度は理解したつもりでもそのうち忘れてしまうので、時々読み返してしっかりと意識に刷り込みたい内容です。著者のマーク・ピーターセン氏は、1980年に留学生として来日して以来、日本文学を研究。現在は大学教授として英米文学・比較文学を教えています。

 

 

最初に読んだ時の冠詞についてのくだりは衝撃的でした。なぜなら初めてその概念をリアルに実感できたからです。本文から一部抜粋したいと思います。

 

【 a は名詞につくアクセサリーではない】
―冠詞のない言語である日本語と、冠詞が論理的プロセスの根幹である英語の違い―
"Once upon a time, there were an old man and an old woman. The old man…"
―(むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは…)
日本語では最初に「むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさん[は]いました」とは言えないのと同じように、英語で "Once upon a time, there were [the] old man and [the] old woman…" とは言えない。が、日本語の場合、一度そのおじいさんが「あるところにいたおじいさん」として紹介されたなら、その次のセンテンスから「おじいさん[は]」という表現は少しもおかしくない。それと同じように、英語の場合も一度そのold manが an old man who was として紹介されたら、語り手と聞き手の間の相互理解では、彼がthe old man となる。―

 

―英語で話す時も書く時も、先行して意味的カテゴリーを決めるのは名詞ではなく、a の有無である。適切な名詞が選ばれるのはその次だ。もし「つける」という表現をするなら、「a に名詞をつける」としか言いようがない。「名詞に a をつける」という考え方は、実際には英語の世界には存在しないからである。― 

 

そう言えば、英語のネイティブ・スピーカーが、まず a や the を言ってから、ちょっと遅れて次にくる名詞を言う場面をよく見ます。たとえば、I ate a…a…a rice ball. といった具合で、a を繰り返しながら次に言う名詞を思い出しているのですね。

 

ピーターセン氏も書いていますが、日本の英語教育では、こういった冠詞の本質を教えていない気がします(今は分かりませんが)。会話や発音に力を入れるのもけっこうですが、こういった基本的な感覚を身に付けることがまず必要だと切に感じます。(H.S)

ページ