福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

新着順

国宝・阿修羅像に会いに行く―興福寺― 

2019年06月13日

日本の魅力

奈良二日目は、世界遺産・興福寺を訪れました。これまで興福寺の境内を通り抜けたことはあったものの、時間をかけて参拝、見学するのは今回が初めてでした。

 

昨年秋、300年振りに再建落慶した中金堂(ちゅうこんどう)を見たいのはもちろんでしたが、やはり興福寺と言えば、国宝の阿修羅像を見ないわけにはいきません。

 

興福寺の阿修羅像は、憂いを含んだ写実的な表情であまりにも有名です。2009年に東京と福岡で開催された「国宝 阿修羅展」では合わせて195万人が訪れ、日本中に阿修羅ブームが巻き起こったことも記憶に新しいです。この動員数は、フェルメールや古代エジプト、ダヴィンチ展も遠く及ばない数字で、聞くところによると阿修羅像のファンクラブまであるそうです。

 

阿修羅像が展示されている国宝館は最近リニューアルされたようで、中に入るとモダンな雰囲気でした。館内のピクトグラムにも仏像のデザインがさり気なく使われていたり、シンプルで洗練されています。

 

阿修羅像は別室ではなく他の仏像と並んで展示されていました。正面まで来て、その端正な顔に向き合うと、奈良時代に造られたというのが信じられないくらい古さを感じさせません。そして、あの特徴的な眉をひそめた表情が訴えているもの、やはりそれは苦しさ、悔しさ、哀しさなのでしょうか。その阿修羅が帝釈天と戦う場所が「修羅場」と呼ばれました。

 

阿修羅像は中が空洞の乾漆造で15kgしかなく、度重なる火災に見舞われた興福寺にあってもすぐに外に運び出すことができたため、今もこうして無事に残っているというわけです。それにしても、全部で136件ある日本の国宝仏像のうち13パーセントにあたる18件が興福寺にあるというのですからすごいですよね。

 

興福寺は、最盛期には1万人の僧侶がいたと言われる日本有数の巨大寺院でした。そして創建以来1300年で7度も焼失して、昨年10月に8度目の再建を果たした中金堂。その落慶法要で多川貫首は本尊に向かい、奉告文の中でこう読み上げていました。

 

平成の金堂
天地(あめつち)と共に長く
日月(ひつき)と共に遠く
相続伝持し
未来際(みらいざい)を尽くさん 

 

静かな歌のように聞こえながらも、未来への誓いと熱い思いが伝わってきました。(H.S)

 


国宝館前の立て看板 

 


再建された中金堂
平城宮跡の大極殿とほぼ同じ大きさです

 


中金堂を下から見上げる

 


中金堂前の広場から見る五重塔と東金堂

 


興福寺の御朱印
5種類の中から選べます

 


奈良公園の鹿たち休憩中
ちなみに奈良公園は元々興福寺の境内でした
往時の広大さが偲ばれますね

 

動画は共同通信社 YouTube公式チャンネルより
興福寺中金堂 落慶法要 (2'02") 

大野市「しもむら」の醤油カツ丼

2019年06月11日

グルメ

 

大野市の六呂師高原でやっているドローンスクールに関わっていて、大野市内で食事をする機会が増えました。というわけで今年はじめて食べたのが「醤油カツ丼」です。

 

店によってかなりバリエーションがあるようですが、この「しもむら」がその発祥の地らしいので、この形がスタンダードなのでしょう。

 

トンカツの下に千切りのキャベツが敷いてあり、カツの上には大根おろしと刻みネギ、青紫蘇が乗っています。そしては醤油だれが別の器に入っていて好みの分量を自分でかけるようになっています。

 

これが予想以上においしく、大野に出かけた際には時々食べるようになりました。
ただ、僕はご飯にキャベツの千切りがのっている食感が嫌いなので、これがなければもっといいのですが。
TS

国宝・曜変天目茶碗を鑑賞―奈良国立博物館―

2019年06月06日

アート・工芸

先週末、奈良へ行ってきました。今ちょうど国宝の曜変天目茶碗が見られるということで、初めて奈良国立博物館を訪れました。

 

中国の南宋時代に作られ、現存するのは世界で3碗のみと言われる曜変天目茶碗はすべて日本にあり、3碗とも国宝に指定されています。そして今回、東京の静嘉堂文庫美術館、滋賀のMIHO MUSEUM、奈良国立博物館で、その3碗がほぼ同時期に公開されたのです。瑠璃色の、曜変と呼ばれる斑紋は、まるで宇宙に浮かぶ星のように美しい輝きを放っています。このような文様が現れる理由は未だ完全に解明されておらず、再現は不可能と言われています。

 

さて博物館には待ち時間もなくすんなり入館できたのですが、いざ展示会場に入ってみると、曜変天目は奥まって照明が落とされた専用のブースに展示されているようで、そこに入るための長い行列ができていました。そこで、まず他の展示品を見てから列に並びました。ここからがかなり待ちましたが、ついに曜変天目を目の前にすると、まるで宝飾品のような輝きで息を呑みました。一周して全方向から茶碗を見ることができるので、見る位置によって曜変の模様が違い、まるで茶碗の中に果てしない銀河があるようでずっと見ていたい、そんな、えも言われぬ美しさを堪能させてもらいました。

 

この特別展では、曜変天目茶碗だけでなく、国宝9点、重要文化財53点を含む 藤田美術館の所蔵品が惜しげもなく公開されており圧巻の一言です。(H.S)

 


上から見た曜変天目茶碗(画像は藤田美術館HPより)

 


博物館内にある記念撮影コーナー

 


博物館中庭には茶室があって散策もできます 

 


博物館敷地内にある、なら仏像館も見てきました。(博物館入館券が共通券になっています)画像は建物の西側(博物館HPより)。100体以上が一堂に展示されている、仏像ファンにとっての聖地です

 


長時間の鑑賞後にいただいた冷たい葛きり(吉野葛)の美味しかったこと!
東大寺門前夢風ひろば内の黒川本家にて

ドローン撮影の為に訪れた場所にあった廃墟での雑感

2019年06月04日

自然・植物・動物


素粒子の飛跡。
暗い背景に浮かび上がる枯れススキの穂が描く曲線を見て、加速器の実験で素粒子を観察した写真を連想しました。

 


グリーンモンスター。
遠目にはツタに覆われた煙突かと思ったんですが、電柱でした。そのうちツタが電線を伝って横にも伸びていくかも。

 


世界にひとつだけの花。
建物のまわりに群生していた紫蘭がきれいでした。身近なところにこうしていろんな花が咲いていますね。ところで花屋の店先に並んでいるのは熾烈な競争を勝ち抜いた花だけなので、あの曲の歌詞はどうにも好きになれません。
T.S

食物繊維で脳も健康に

2019年05月30日

ビューティ&ヘルス


食物繊維が大切というのは周知の事実。でも、その効果すべてが知られているわけではないようです。食物繊維は腸内フローラを整えるだけでなく、実はコレステロールの吸収を抑えてくれるので、中性脂肪や悪玉コレステロールを下げる働きもあるんですね。

 

そして何と食物繊維は脳のエイジングケアにも重要な役割を果たしているらしいのです。最新の研究によって、食物繊維を多く摂ると脳の炎症が軽減されることが判明しました。脳内の炎症が軽減されることで、アルツハイマー病、認知症、そしてパーキンソン病の発症リスクが下がります。ですから食物繊維の多い食事によって、脳の健康と若さを保つことができるというわけです。まさか食物繊維が脳にまで関係しているなんて驚きですよね。

 

上質な食物繊維を含む食材には、豆類、芋類、海藻類、クルミ、アーモンド、きのこ類、りんご、プルーン、イチジク、ラズベリー、ブロッコリー、アボカドなどがありますが、私は食物繊維を日々確実に摂るため、ごはんを炊く時に粉末の寒天を入れています。お米2合で2gほど混ぜるだけ。味もまったく変わらないし、毎日食べる主食で食物繊維が摂れるのでとっても手軽です。

 

寒天の産地として知られる長野県の諏訪地方では、ごはんを”美味しくするために”、寒天を入れて炊くのは昔からの常識だそうです。私も最近では寒天なしのごはんは何だかちょっと物足りない気がします。そう言えば、長野県は長寿県としても知られていますね。 食物繊維の力もあるのかもしれません。これからもなるべく食物繊維が摂れる食生活を心がけていきたいと思っています。(H.S)

 

参考サイトと画像: エリカ・アンギャル Facebookページ

ページ