福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

スタッフブログ

新着順

映画「フォードvsフェラーリ」鑑賞

2020年01月19日

映画


 

「フォードvsフェラーリ」 を見てきました。この映画は、1966年に実際にあった、フォードとフェラーリのル・マン24時間耐久レースでの対決がクライマックスとして描かれています。しかし何と言っても、マット・デイモンとクリスチャン・ベイル演じる、人間としても素晴らしい二人、シェルビーとマイルズの信頼関係がかっこいいです。ネタバレになるので詳しくは書きませんが、レース終盤のマイルズの決断には号泣必至!

 

極限のスピードに達するとき、「車の重さは消え、肉体だけが残る。お前は誰なんだ」というシェルビーの独白と共に映し出されるレース中のマイルズの横顔。その境地は彼らだけが知り得る世界なのでしょう。その実存的な問いにふと、24時間耐久レースは千日回峰行に似ている気がしました。そしてレーサーは、あたかも満行して悟りを得た僧侶のようにも見えるのです。

 

ル・マンの過酷なコースを再現するため、何ヶ月も似た場所を探して当時と同じ巨大なコースと観客席を一から作ったそうです。レーシングカーにもカメラを搭載し、俳優の撮影もレースと同じスピードで行ったというのですから、そのリアリティたるや恐るべしです。

 

映画には、日本でも大ベストセラーになった「アイアコッカーわが闘魂の経営」(1984年出版)の著者として知られるフォード元社長のリー・アイアコッカも登場します。実際のアイアコッカは、昨年7月、映画が公開される4か月前に94歳で亡くなりました。

 

レーサー対決の映画と言えば、ハント対ラウダ(昨年死去)を描いた「ラッシュ/プライドと友情」(2013)もとても良かったですね。(H.S)

カレン・キングストン著『ガラクタ捨てれば自分が見える』

2020年01月12日

 

著者のカレン・キングストンはイギリス生まれ。1990年からは10年間、バリ島で生活していました。長年、風水とスペース・クリアリングを研究して、建物エネルギー浄化の先駆者となりました。この本は日本での初版が2002年だったので、まだ「断捨離」という言葉も知られておらず、こんまりさんも世に出る前の風水整理術入門書と言えます。田村明子さんによる翻訳も読みやすく、ウィットに富んでいて面白いです。日本語版のタイトルも秀逸ですね。

 

風水と言えば、今や大統領となったトランプ氏が、ニューヨークにトランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー(1997年完成)を建築した際には、中国・広東省から風水師を招いてアドバイスを求めたことが当時大きなニュースになりました。

 

ところで、「ガラクタ」(clutter)とは、オックスフォード英語辞典によると、整理されていないまま山積みとなったもの。そして、そうした要らないものが人に与える影響には以下のようなことがあるそうです。
*疲労感を覚え、無気力になる
*過去の呪縛を溜め込んでしまう
*体の働きを滞らせる
*何事も延期しがちになる
*不調和が起きる
*自分を恥じるようになる
*人生の展開が遅くなる
*気分が鬱になる
*感性が鈍る
*大切なことに頭がいかなくなる

 

本書にはこうもありました。
―これまで人々が試してきたガラクタ処理法は以下です。
*自然のままに任せる方法(別名・決断放棄型)。自然に腐っていくような場所に保存して、
 嫌でも捨てざるを得なくする方法。
*死ぬまで待って親戚に片付けてもらう方法。何世紀もの間、人々が最も活用してきたのは
 この方法です。
*責任を持って自分で片付ける方法。私がおすすめするのはこの方法です!
一番難しいのは、あなたが腰をあげることです。いったん始めさえすれば、どんどんエネルギーが湧いてきますから、自然に続けていくことができるようになります。―

 

確かに、片付けを始めるまでは億劫でも、いったんやり始めるとスイッチが入りますよね。私も今年はまず腰をあげて、引き出し一つずつからでも片付けを習慣にしたいと思います。(H.S)

 


英語版の表紙

 


著者のカレン・キングストン( 本人のウェブサイトより)

足羽川堤防にある俵万智さんの歌碑

2020年01月07日

ふくい暮らし


桜橋に近い足羽川堤防上にある俵万智さんの歌碑

 

昨日桜の名所として有名な足羽川堤防の遊歩道を歩いたら福井育ちの歌人俵万智さんの歌碑が目にとまりました。

 

この歌碑は30年ほど前に足羽山に設置され、2004年の福井豪雨で決壊したこの堤防の修復工事の際にこの場所に移されたということです。見た覚えがなかったんですが、既に15年もここにあったんですね。

 

「さくらさくら さくら咲き初め 咲き終り なにもなかったような公園」

 

今この桜並木を見ると水害の事を思い出しますが、元々その桜は、福井の街が米軍の空襲により壊滅した先の戦争の後、慰霊と街の復興を願って当時の人々がここに植えたもの。

 

「なにもなかったような」という言葉には季節の移り変わりを超えた大きな時の流れを感じます。
TS

 


終戦後植えられ樹齢70年以上になる桜

 


雪の無い2020年新春の福井市街

 

福井神社に初詣 

2020年01月05日

ふくい暮らし

あけましておめでとうございます。
今年の初詣は、福井神社に行ってきました。

 

福井神社は、福井城址のお堀端という絶好のロケーションにありますが、いわゆる日本の神社の派手さみたいなものがなく、広告も出さないためか、訪れる人はそう多くはないようです。

 

しかし、福井神社は旧別格官幣社という、日本に二十八社しかない社格を持つ神社なのです。主祭神は福井藩主だった松平春嶽。また境内の摂社には、安政の大獄で二十五歳という若さで処刑された橋本左内も祀られており、福井県民にとっては、実はとても身近に感じられる神社でもあります。

 

福井神社は奉賛会によって運営されていて、営利事業を営むこともなく、氏子の寄付をあてにすることもないため、例大祭など最小限の費用を自ら賄っているそうです。これからは、お参りする人が少しでも増えるといいですね。(H.S)

 


お正月限定の可愛い御朱印をいただきました

 


福井神社の鳥居は、上部の横柱が一直線になっている神明鳥居
伊勢神宮と同じ形態です
横柱の両端が上向きに反っているのは明神(みょうじん)鳥居と呼ばれます

 


本殿も神明造りです

 


摂社・恒道神社にもお参りしました

 


境内にある絵に描かれている橋本左内
松平春嶽が創設した藩校明道館で教えている様子です

“美ら海”ドローン大航海~沖縄・八重山諸島~

2019年12月26日

日本の魅力

これは昨年(2018)夏にNHKで放送され、録画したのですが、何度見ても飽きない番組です。美しい海(ちゅらうみ)が広がる沖縄県八重山諸島の石垣島から小浜島(こはまじま)、西表島、そして日本最西端の与那国島までの230 kmを、海洋冒険家の八幡暁(やはた さとる)さんが10日間かけてシーカヤックで巡り、その様子を上空からドローンで撮影。輝くばかりの海の美しさに息をのみます。

 

八幡さんは東京生まれですが、15年前に石垣島に移住。今はファミリーで石垣島に住んでいます。この番組での八幡さんのゆったりした語り口からは、オーストラリアから日本までシーカヤックで渡ったという、そんなタフなイメージとはまた違う穏やかな人となりが伝わってきます。

 

透明度抜群の八重山の海は、30~40m下の海底までカヤックから見えることもあるとか。海のきれいさだけでなく、小浜島で伝統的な素潜り漁法を体験するシーンも印象的です。登場した海人(うみんちゅ)の筋肉質の身体は自然に鍛えられたもの。捕る魚は売り物なので、身には傷を付けず頭だけを瞬時に突く技術には、八幡さんも感心しきりでした。

 

西表島では、八幡さんが島で一番美しい滝だと言うマヤグスクの滝まで登ります。マヤグスクとは、沖縄の言葉で「ヤマネコ(マヤ)の城(グスク)」という意味。時には足にへばり付くヒルをライターで焼いたりしながら、約2時間かけてジャングルを進みます。この滝へ行くには入山申請が必要で、ガイド付きのツアーでないと個人ではなかなか行きにくい秘境です。ドローンで滝の上から撮った映像は臨場感たっぷりでした。

 

最後の目的地、与那国島は昔から渡るのが大変で、渡難(どなん)の島と言われました。そして「どなん」は与那国の有名な泡盛の銘柄にもなっています。八幡さんは西表島をまだ暗い朝の4時半に出発、15時間かけて外海を漕ぎ続け、ようやく夜の7時50分、日没ぎりぎりに与那国島の浜に到着しました。途中おにぎりをかじりながら、そして熱中症っぽくなってくると海に入って身体を冷やし、また漕ぐという過酷な航海となりました。

 

番組は今年の秋に再放送されましたが、もし再々放送があればぜひご覧ください。心洗われる映像美で癒されること間違いありません。(H.S)

 


石垣島・白保の海で巨大なハマサンゴの上に立つ八幡さん
300年以上経っていると思われるサンゴで、上部は干上がって硬くなっているので乗っても大丈夫なんです
(通常はサンゴを踏んだり触ってはいけません)

 


ドローンから見た八重山の海
八幡さんのカヤックが小さく見えています

 


カヤックを漕ぐ八幡さん 

 

【動画】西表島カヤック (5’50”) 
冒頭、八幡さんによるパドリングのレクチャーが少し聞けます。
八幡さんが石垣島でガイドをしているショップはこちら→ 手漕屋素潜店「ちゅらねしあ」

ページ