福井から世界へ—日本の魅力を動画で発信

Language

六呂師高原に集結した平成の名車ロードスター、令和も駆ける

2019年05月26日

イベント


マツダのオープンスポーツカー「ロードスター」が誕生したのは平成元年(1989年)のこと。それから30年経つ今も世界中で根強い人気を誇っています。そんなロードスターの愛好家団体が福井県内にもあります。

 

平成も残りわずかとなった4月、その愛好家たちが大野市の六呂師高原に集まりました。ミーティングには石川、富山県の愛好家も参加、今後のメンテナンスのことなど会話が弾んでいました。
(動画は福井新聞社公式YouTubeチャンネルより)

 


愛犬と参加した人も。

 


快晴に恵まれ、オープンカー日和となったこの日、参加者は高原の空気を楽しみながら、ロードスターの乗り心地を堪能していました。

 

平成の時代はハイブリッドカーなど様々な車が誕生しました。自動運転技術が進みそうな令和の時代も、皆さん自慢のロードスターは元気に走り続けそうです。

同じジャンルの関連動画