スタッフブログ

2018/07/06

出来事

先日、今年に入って7個目の台風(台風第7号プラピルーン)が発生しました。

 

毎年平均で約26個の台風が発生し、約4個が上陸しています

(過去7年間、2011年~2017年の記録より)。

 

1年の中で7月~10月が最も台風が多い時期です。台風による被害は大きく分けて3つあります。

風の害(暴風、塩害、フェーンによる大火、竜巻など)、雨の害(がけ崩れ、山崩れ、浸水、洪水など)、波の害(高波、高潮など)に注意と警戒が必要です。

 

過去7年間に発生した台風数と上陸数

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

発生数

27

26

27

23

31

25

21

上陸数

4

6

4

4

2

2

3

*台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸線に達した場合を

「日本に上陸した台風」としています。

 

 

過去7年間(2011年~2017年)に発生した台風の月別平均発生回数

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

平均数

1

0

0

1

1

2

4

4

5

4

2

1

 

参照:国土交通省気象庁(Japan Meteorological Agency)

 

 

去年(2017年)福井にも大きな台風がいくつか来ました。そのひとつ、台風21号の影響で10月21日から23日まで福井市は、雨風が強く傘をさしても壊れてしまったり、車に乗っていても揺れたりと大荒れの状況が続きました。

 

台風の時にはもちろん、外出はしてはいけませんが、10月22日(日)は選挙の日ということもありタイミングを見計らって外に出ると。。。

 

外は想像以上の強風が吹いていて街中の木が、ものすごい音を立てて揺れ、雨風で剥がれた家屋などの部分が宙を舞っていました。強い雨も降っていて、前がよく見えませんでした。身の危険を感じて、なるべく建物の中を通りながら少しずつ前に進んでいきました。

 

福井市の中心部を流れる足羽(あすわ)川はあっという間に増水し、いつもジョギングやサイクリングで楽しむ人で賑わう川沿いの道は浸水していきました。幸運なことに、川の水は橋を超えることはなく、街が浸水することはありませんでした。

 

 

台風の後の福井市
台風の後の福井市
台風後の福井市

台風が過ぎ去り少し落ち着いた朝、街を歩いてみると、木の葉、壁のトタン、植木鉢、どこかの金属の板など様々なものが暴風により飛ばされ、いたる所に落ちていました。

 

増水した福井市の足羽川の水はまだ引いていませんでした。

 

今年はあまり大きな台風は来て欲しくありませんが、

もし来てしまったら十分に気をつけてお過ごしくださいね。

 

 

T.F

2018/02/27

出来事

福井は毎年1月2月に雪が多く降ります。しかし今年(2018年)ほど多く降ることは大変珍しく、福井出身の私でも驚きました。1月の終わり頃から2月13日頃まで多く降り、特に2月5日から8日は、37年ぶりの(1981年、昭和56年の56豪雪以来)記録的な大雪(福井市内2月7日午後2時に145センチの積雪を記録!)となりました。

 

 

2月10日の福井市、中心部の道路

2月10日には雪は少し落ち着き、大きな道路は除雪され車も走りやすくなっていました。

 

 

2月10日の福井市、田原町の道路、雪道がえぐられてデコボコ道になっている

しかし、小さめの道はまだ除雪が追いついていなく、道のところどころで車のタイヤがはまってしまい、動けなくなっていました。道路には、はまったタイヤをどうにか動かせるように、スコップで雪かきをしたあとがたくさんありました。またその雪かきをしたあとのガタガタ道に、新たに車のタイヤがはまってしまい、動けなくなってしまうという悪循環が多発しました。

 

2月10日、福井市の田原町を歩きましたが、30分の間に5台の動けなくなってしまった車を見ました。周囲の人と協力して、なんとか助けたのですが、その中の数台はやっと動き出せてもまたすぐに次のでこぼこ道にはまってしまい、大変な状況でした。

 

2月14日は久しぶりに太陽も出て、暖かくなり、雪もどんどん溶けていきました。

しかし、やはり完全に除雪が終わったというわけではなく、すぐに渋滞ができてしまい、いつもの数倍は移動に時間がかかりました。

 

T.F

 

こちらもご覧くださいね。(GEN過去ブログ)

福井の大雪 2018年2月6日
福井の大雪 2018年2月7日 ー見たことのない景色ー

 

福井の雪景色 パート1
福井の雪景色 パート2  大雪 in 福井 / 始まり

2018/02/20

出来事

福井市内は2018年2月7日、前日から引き続き大雪になりました。積雪がさらに増え、7日の午後2時には145センチに達しました。市内の学校は全校休校になり、多くの会社も休みになってしまいました。病院に行こうとしても看護師や医者が病院にたどりつけないため、あいているところは少なく怪我や病気をしている人たちにとって(インフルエンザになり、しかも怪我をした私も含め。。。)大変な状況となりました。もちろん、多くの飲食店もお店をあけることができずにいました。電車もバスも全て止まっていました。異常な事態で街が止まってしまったのです。。。

 

2018年2月7日福井市内の住宅街の道路

そんな中、7日の午前中に外に出てみると、前の日よりも断然積雪が増えていて、見渡す限り雪に包まれていました。国道8号線には1500台の車やトラックが立ち往生し続けているとニュースでは流れていました。一方、住宅街の道路には2,3台の車しか走っておらず、人も少なく静かでした。ただひたすら、除雪車の音が1日中聞こえていました。

 

雪の勢いは収まらず、除雪をしてもどんどん、積もっていくので除雪が間に合わない状態になってしまいました。歩道は、車道から積み上げられた雪で、埋まってしまい、歩行者は車道を歩いていました。

 

やっとの思いで見つけた病院やスーパーも、やはりいつもよりも人は少なく、閑散としていました。いつもは多くの外来患者さんと、10人以上のスタッフがいる病院もこの日は3人ほどしかおらず、外来患者さんもいつもの半分以下でした。

 

スーパーは品薄だと聞いていたので、心配して入ってみると、ラッキーなことに、惣菜、野菜、カップ麺などは、若干少ないかなと感じつつも、ほぼいつも通り販売しており、売られていた肉や魚もいつもの5分の1くらいの量でしたが買え、問題なく食材を確保できました。

 

大雪の中、営業してくださったスーパーや、あけてくださった病院には本当に助けられました。感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

T.F

 

こちらもご覧くださいね。(GEN過去ブログ)
福井の大雪 2018年2月6日
福井の雪景色 パート1
福井の雪景色 パート2  大雪 in 福井 / 始まり

2018/02/13

出来事

1月と2月の福井市は雪の日が多く、大雪の日もあります。

2018年2月6日の福井市の様子です。

この日の午後2時には、136センチの積雪を記録しました。

 

雪が勢いよく降り続き、街中を真っ白にしていきました。雪が風に舞い上げられ、視界をさえぎり、どんどん道に積もっていきました。市内のあちこちで、雪で動けなくなってしまった車が見られました。道路から除雪された雪が、歩道に寄せられて、歩道が大変狭くなってしまいました。

 

市内のコンビニエンスストア、八百屋には2月6日のお昼頃にはまだ、品物がいつものように並んでいました。その日から数日間、交通の麻痺状態の影響で、物が届かず多くの品物が品切れ状態になってしまいました。

 

2月6日から数日間、市内は孤立状態になってしまいました。

 

福井市内、今日も雪が降っています。道の脇にはまだたくさん雪が積もっています。

1日でも早くもとの生活に戻りたいものです。

 

T.F.

 

福井の雪景色 パート1
福井の雪景色 パート2  大雪 in 福井 / 始まり

2018/02/11

出来事

福井市では先週初めからの雪で積雪が147cmに達しました。56豪雪以来の130cm超えです。
県内の大動脈国道8号線での立ち往生や交通網のマヒなどは報道で皆さんもご存知かと思います。

 

今や社会ではAIだのロボット技術だのをもてはやしていても、間断なく降り続く雪を前にするとすべてのことが遠く思えて無力感に襲われました。それでも懸命に除雪作業に取り組む自衛隊の皆さんや、
助け合って雪かきをする近隣の人たちを見ているとやはり最終的には人の力なんだとも感じました。

 

ということで今回の大雪に際して、私なりに感じたことを勝手にまとめてみました。

 

1. 雪に慣れている県民性ゆえに車に乗らない判断が遅れる(これくらい大丈夫的な感覚)
→ 行政からの正式な通達が必要
2. 自治体も企業も個人も「万が一」という想定を日頃からもっとしておくべき
3. 「大雪警報」をもっと早く広く確実に伝達する
4. 命にかかわる状況も多いのでSOSのホットラインを増やす
5. 冬期はガソリン、灯油、食料など早目に余裕を持って備えておく
6. 豪雪でも機能する融雪装置の開発、家庭用には補助金を
7. 地下交通網、地下道、地下街、地下駐車場の整備 
8. リモートワーク(在宅ワーク)の推進

 

今回の教訓を生かして、より雪に強い福井県になってほしいものです。(H.S) 

 


先週のうちの裏庭の様子です。吹きだまりになっているせいか積雪は147cmよりもっとあるような気がしました。

2017/09/11

出来事

9月11日、毎年思い出すのが16年前にあった911同時多発テロ事件です。

思い出したくないほどの悲しい日ですが、決して忘れてはいけない日でもあります。

あの日、4つのテロ事件がアメリカで同時多発的に発生しました。

航空機が使用された、史上最大規模のテロ事件となってしまいました。

 

2001年9月11日の朝、アルカイダの19人のテロリストが4機の航空機をハイジャックしました。4機のうちの2機は、ニューヨーク世界貿易センター(ワールドトレードセンター)の北と南の上の階に突入し爆発炎上しました。さらに3機目は、バージニア州アーリントンにあるアメリカ国防総省本庁舎(ペンタゴン)に激突し爆発炎上しました。そして最後に、4機目は機内電話や携帯電話による外部との連絡で、自爆テロと認識した乗客が航空機の奪還に乗り出しました。その4機目は数分後、ペンシルベニア州ピッツバーグ郊外シャンクスヴィル(ワシントンD.C.北西240kmの場所)に墜落しました。この4機の航空機を使用したアメリカ同時多発テロ事件で、約3,000人の罪のない命(子供と女性含む)が奪われました。

(Wikipediaより引用)
「アメリカ同時多発テロ事件」

アメリカのニューヨークにあったワールドトレードセンターの跡地には、

忘れないために「ワン・ワールドトレードセンター」が建てられました。

そしてその隣には「911メモリアルミュージアム」も建てられました。

 

「Earth Cam」さんの動画

「Official 9/11 Memorial Museum Tribute in Time-Lapse 2004-2014」

をシェアさせていただきます。

あの日、ニューヨークのシンボルの1つだったワールドトレードセンターが崩壊してしまい、

何もなくなってしまった場所から、10年という長い年月をかけて

どのように「911メモリアルミュージアム」が建てられたかが見られます。

2004年から建設が始まり、10年後の2014年に完成しました。

色々な思いが詰まっている非常に貴重なミュージアムです。

 

 

続いて、ミュージアム内の一部が見られる動画をご紹介いたします。

「ArtAboveReality」さんの動画

「Visiting the 9/11 Memorial and Museum – New York, NY」

をシェアさせていただきます。

今もまだ、世界のあちこちで争いが絶えません。

 

お互いの意見を生かし合い、お互いの良いところを伸ばし合えたら、

世界がどんなに良くなるのかと思います。

 

世界から争いがなくなることを心から願います。

 

 

T.F.

 

 

[メルマガ絶賛配信中!]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

バックナンバーはこちら

2017/08/08

出来事

*こちらの動画は台風の影響で、増水している福井市の足羽川の様子です。

 

台風シーズンがやってきましたね。

「国土交通省 気象庁」によると夏、特に8月は一番台風が多い月だそうです。

 

1月0.3 2月0.1 3月0.3 4月0.6 5月1.1 6月1.7

7月3.6 8月5.9 9月4.8 10月3.6 11月2.3 12月1.2
年間25.6

*参照:国土交通省 気象庁 台風の平年値(1981年~2010年)

 

国際宇宙テーションに接続された観測用モジュール「キューポラ」から見た「台風第5号(ノルー)」2017年8月1日のNASAの宇宙飛行士ランディ・ブレスニク(Randy Bresnik)氏のツイッターより
国際宇宙テーションに接続された観測用モジュール「キューポラ」から見た「台風第5号(ノルー)」2017年8月1日のNASAの宇宙飛行士ランディ・ブレスニク(Randy Bresnik)氏のツイッターより

参照:国際宇宙テーションに接続された観測用モジュール「キューポラ」から見た「台風第5号(ノルー)」

2017年8月1日のNASAの宇宙飛行士ランディ・ブレスニク(Randy Bresnik)氏のツイッターより

 

国際宇宙ステーションから見た「台風第5号(ノルー)」2017年8月1日のロシア人宇宙飛行士のセルゲイ・リャザンスキー(Sergey Ryazansky)氏のツイッターより

参照:国際宇宙ステーションから見た「台風第5号(ノルー)」
2017年8月1日のロシア人宇宙飛行士セルゲイ・リャザンスキー(Sergey Ryazansky)氏のツイッターより

 

先日より日本を大きな台風「台風第5号(ノルー)」が2017年7月21日に、

東京から1,860キロ離れたところにある、南鳥島付近で発生し、

自転車のようなスピードでゆっくりと日本を縦断しています。

この台風は1998年以来過去最大とのことです。

 

上の写真は国際宇宙ステーションから見た、「台風第5号(ノルー)」です。

あまりにも大きいので宇宙からもはっきりと見えるのですね。

 

8月8日2017年福井市を流れる、あすわ川
8月8日2017年福井市を流れる、あすわ川

福井市の中心部を流れる、足羽川も増水しています。

皆さんしばらく、気をつけてお過ごしください。

T.F

 

[メルマガ絶賛配信中!]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

バックナンバーはこちら

2017/06/28

出来事

ちょうど69年前の今日、福井大震災が起こりました。

8282typhoonさんの動画「福井大震災1948(昭和23)年」をシェアさせていただきます。

1948年、昭和23年6月28日午後4時14分(当時はサマータイムが導入されており、夏時間5時14分)
マグニチュード7.1の大地震が福井を襲いました。

福井市と周辺の町や村にあったほぼ全部の家は、倒壊してしまいました。その倒壊数3万6184戸、半壊1万1816戸、焼失3851戸、 死者3769人。

参照:コトバンク 福井地震 https://kotobank.jp/word/%E7%A6%8F%E4%BA%95%E5%9C%B0%E9%9C%87-123885

 

当時、小さかった私の大叔母もこの福井大震災を体験しました。

大叔母は、映画館が倒れてしまい、下敷きになって動けない人を見た、そこらじゅうで火事が発生していたと話してくれました。

 

体験した人にしか分からない恐怖とパニックだったのでしょうね。

心身ともに大きなダメージを受けた福井の人たちは、その後何年もかけて街を復興させてきました。
本当に辛かったと思います。その強い精神力は見習いたいです。

 

このようなこともあり、福井市民と福井市のシンボルは不死鳥となっているのですね。

 

~引用(福井市ホームページより)~

「不死鳥のねがい」の由来

不死鳥とは、伝説上の霊鳥フェニックスのことです。

 

形はワシに似て、赤や金の翼を持っています。死期が来ると、みずから燃える火中に入って焼かれ、
その灰の中から再生すると言われています。

 

たび重なる災禍にもめげず、再び三たび立ち上がった福井市民の努力は、まさに不死鳥(フェニックス)の姿にも似ていることから、不死鳥が福井市民及び福井市のシンボルになっています。

 

引用サイト: http://www.city.fukui.lg.jp/d620/syougai/kensyo/index.html

 

T.F

 

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、

GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

2016/09/12

出来事

2001年9月11日アメリカ(ニューヨーク、ワシントンDC、マサチューセッツのシャンクビル、

ペンシルベニア)で同時多発テロが起こり、約3000人もの罪のない大切な命が奪われ、

何千人もの方が負傷しました。全世界が衝撃を受けました。全米は深い悲しみに心を痛めました。

あの悲劇から15年経ちました。

 

今でも私は忘れません。当時ニューヨークに住んでいた私は、少し離れたところにいました。

 

遠くからもビルの煙は見えていました。救急車、警察のサイレンが鳴りやみません。

電話はしばらく使えず、交通機関が完全に止まり、街は想像を絶するほど混乱していました。

道路は帰る手段をなくした大勢の人達であふれていました。その方々はゆっくりと歩いていました。

 

1週間経ち、ビルのそばまでいくと、行方不明者の捜索をする多くの警察、消防隊、救急隊、

ボランティアの方々が捜索を続けており、ビルからはまだ煙が立ち上がっていました。

その現場の雰囲気からは緊迫感を覚えました。

 

ビルの周り、街のあちこちに行方不明者の方々の写真が貼られていました。

 

街の中心部では、戦車のそばにライフルを持った兵士が町のあらゆるところにいました。

 

しばらくニューヨークから笑顔が消えてしまったのです。

 

あれから15年が経ち現在、元のワールドトレードセンターの場所には

「ワンワールド・トレードセンター」というビルが建てられました

(建設期間2006年-2013年、開業2014年11月3日)。

当初はフリーダムタワーと呼ばれていましたが、2009年に改称されました。

ビルの名前と、2001年9月11日に何が起こったかを忘れないためでしょう。

 

「911メモリアルミュージアム」は2014年5月に完成しました。

 

2002年3月11日にMunicipal Art Society により、

トリビュート・イン・ライト(Tribute in Light)、追悼の光が夜空を照らし始めました。

 

2001年9月11日にワールドトレードセンターで何が起こったかを忘れないと共に、

テロがなくなることを願います。そして何よりも、犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。

 

Cameron Michael さんの動画、「9-11 Tribute in Light」をシェアさせていただきます。

 

T.F

 

[メルマガはじめました]

バイリンガル動画配信サイトGENの新着情報、おすすめ動画情報をお知らせする、GENオフィシャルメールマガジンを月に一度のペースでお届けします。

メルマガ登録・解除はこちら

2016/04/22

出来事

平成28年4月14日以降、熊本県と大分県を中心に相次いでいる地震では

非常に大きな被害がでております。

 

多くの方々がお亡くなりになり、又は行方不明となっており、大変な状況です。

 

建物が崩壊し、家を失った方々もたくさんおられます。

 

現地では毎日余震が続いており、被災された方々の疲れもピークになってるのでしょう。

 

私達にできることとしては。。。

 

現地に出向き手伝う、支援物資を各自治体に持っていく、義援金を送る等々があります。

 

福井市の市役所では支援物資を市民から集めており、被災地へ送ります。

*福井市役所、熊本地震義援物資の受け入れ窓口詳細

4月23日で支援物資の受け付けは終了しました。5月8日まで義援金のみの受付となります。

 

お近くにそのような窓口がない状況でしたら、こちらからも協力ができます。

*日本赤十字社 平成28年熊本地震災害義援金の受付
(直接、お近くの日本赤十字へ義援金を手渡すこともできます。

又、ボランティア参加も受け付けております。)

6月30日までの受付となっております。

 

「TOKYOFMofficial」さんの動画をシェアさせていただきます。JFN加盟38のFM局では募金を受け付けており、集められた募金は日本赤十字社を通して、被災地の義援金配分委員会に全額送られ、救済に役立てられます。

 

多くの人が助けを必要としています。
現地へ直接行くことのできない私達にもできることがたくさんあります。
これら以外にも国内外で様々な支援活動が行われております。
もしできることが一つでもあるのなら、ぜひ行動してください。

 

この度の震災で心痛める日々が続いておりますが、
被害を受けている方が一日でも早く、
安全で安心な日常生活に戻れますよう心よりお祈り申し上げます。

 

T.F

ページ