スタッフブログ

2018/07/01

おでかけスポット

福井県越前市出身の絵本作家、かこさとしさんが5月2日に92歳で亡くなられました。
かこさんの描くおおらかな絵本からはちょっと想像できませんが、かこさんは戦時中、航空士官をめざす軍国少年でした。しかし、視力が足りずに断念、同じ軍人を目指した級友たちは特攻隊員となり死んでいった現実と自分の判断への後悔から、せめてこれからの子どもたちには自分のような過ちはさせたくないと、亡くなる直前まで、ただただ子どもたちのためストイックなまでの創作活動に勤しんだ信念の人でした。

 

かこさんはご高齢ではありましたが、まだまだお元気でいてくれるものとばかり勝手に思っていました。そんなかこさんを偲び、作品の世界にもっと触れてみたくて、以前から行ってみたかった越前市にある 「かこさとしふるさと絵本館」へ行ってきました。

 

駐車場に着くと県外ナンバーの車もちらほら。館内に入ると、家族連れだけでなく、大人だけで訪れている人もいて、じっと絵本を読んでいる様子が印象的でした。

 

人気のシリーズはもちろん、緻密な内容で知られる『人間』や、ゴッホやピカソの名画を紹介している『うつくしい絵』などもここで読むことができますし、グッズの販売もあります。また2階では原画も展示されていて、かこさんの真面目で几帳面な性格が手に取るように分かり、改めてかこさんのすごさに感動しました。(H.S)

 


絵本館の看板

 


エントランスでは在りし日のかこさんと、おなじみのキャラクターがお出迎え

 


壁にもだるまちゃん

 


館内には、かこさんへのメッセージコーナーもありました(6月まで)

 


絵本館の全景

 


駐車場にあった看板
このだるまちゃん、インパクトありますね!

2018/06/28

おでかけスポット

先日、海開き間近の福井県三国町にあるサンセットビーチに行ってきました。

このビーチのおすすめポイントをいくつかご紹介させていただきます。

 

この日は30度近くあり大変暑い日だったので、海開き前にも関わらず何人かの人は海で泳いでいました。

 

 

三国サンセットビーチ

夕方6時を過ぎると日が沈み、だんだんと涼しくなっていきました。

 

 

三国サンセットビーチ 夕焼け

おすすめポイントの一つ目、こちらのビーチはその名の通り、きれいな夕焼けを見ることができます。この日も日没前になると空が少しずつオレンジ色になっていき、美しい夕焼けが広がっていきました。

 

 

三国サンセットビーチ 夕焼け

さらにピンク色っぽくなり、日は沈みました。

さざ波の音が耳に心地よく、ぼーっと空や海を眺めているだけで心が落ち着きますね。

 

 

三国 ゆあぽーと

おすすめポイントの二つ目は、このビーチの横には「三国ゆあぽーと」という日帰り温泉があり、日本海を一望しながら温泉に入れることです。営業時間は10時から23時までなので、温泉と夕焼けを同時に楽しむという贅沢なこともできてしまうんです。入浴料金は中学生以上500円、3歳以上は200円です。

 

その他の詳細はこちらからご覧ください

三国温泉ゆあぽーと公式ホームページ 

 

 

そして忘れてはいけないおすすめポイントが、毎年8月11日に行われる北陸最大級の三国花火大会が目の前で見られることです。こちらの動画は去年このビーチで撮影したものです。美しい夕焼けの後は、約一万発の色鮮やかな水中花火、一尺玉、二尺玉、仕掛花火、スターマインが彩る夜空を楽しめます。

 

花火大会の詳細はこちらからご覧になれます。

第38回 福井県坂井市 三国花火大会 

 

 

今年の夏、機会があれば、美しい夕焼け、日本海を一望できる温泉、北陸最大級の花火大会が楽しめる「三国サンセットビーチ」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

T.F

2018/06/11

おでかけスポット

北陸地方が梅雨入りした6月10日、また大安禅寺の花菖蒲を見てきました。7日の朝にはまだちらほらという感じだった花がこの3日の間にずいぶん咲き揃ってきていました。5分咲きといったところでしょうか、ここ数日で満開になりそうな雰囲気です。

 


2018年6月7日(木)

 


2018年6月10日(日)

 

ところでこの花菖蒲祭の入場券で350年の歴史を持つお寺の内部も見学できるのですが、おなじみの古い伽藍の姿はもうすぐ見られなくなりそうです。10年もかかる修復工事が来年始まるのです。
T.S

 

臨済宗妙心寺派 萬松山 大安禅寺

2018/05/27

おでかけスポット

先日のスタッフブログでは、教員研修生として福井大学で勉強されているブータン出身のウゲン・ドルジさんのご家族と一緒に訪れた西山公園をご紹介しました。

 

今回ご紹介するのは、福井県福井市にある一乗谷朝倉氏遺跡です。

朝倉氏遺跡の復原町並は発掘した遺構を一部埋め戻して、武家屋敷と町家10軒ほどを復元してできたものです。

 

朝倉氏遺跡の町にある家

できるだけ類似した材料で復元されたので、当時の雰囲気がどんな感じだったのかというのが感じられます。

 

 

昔の家の中で、ウゲン・ドルジさんの息子さんと奥様がすだれを見ている

ウゲン・ドルジさんのご家族は、昔の日本の建物に興味津々でした。

 

 

ウゲン・ドルジさんのおねえさん 赤い着物を着て嬉しそう

復原町並の中では、着物体験ができます。

 

 

ウゲン・ドルジさんのおねえさんと奥様は着物着て笑顔。2歳の息子さんは普段着で走っている

お二人とも初めての着物に感動していました。

今回着ていただいた着物は、戦国時代の女性がお出かけ用として着ていたものです。

着物を着た感じを「重いけれど美しい」と言いながら、昔の日本を感じながら歩かれていました。

 

 

ウゲン・ドルジさんのおねえさんと奥様着物姿で、外にあるステージに座っている

こちらの着物はブータンの伝統衣装に似ているそうです。

 

 

おねえさん、ブータンの踊りをみせてくれた

ブータンでは、伝統衣装を着て、どのように踊るか教えてくれました。

 

 

ウゲン・ドルジさんの奥様とっても楽しそうに笑っている

日本とブータンのことについて話が尽きません。楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

 

日本とブータンは似ているところもあり、違うところもあると知りました。

お互いの国の違いについておもしろいなと感じたことは、ブータンでは学校やその他の公共施設や政府の建物に行く時には普段から伝統衣装を着るということです。日本では、普段から着物を着て学校などへ行く人はなかなかいませんね。

そして日本と似ているところの1つとして、ブータンでも多くの人がスマートフォンを使っているそうです。連絡はもちろん、画像や動画を撮影したり、自撮りをしてSNSに投稿していている人たちが大勢いるそうです。

 

 

おねえさん抹茶をいただいてる
奥様抹茶のカップを両手で持って、笑顔

着物体験の他、お抹茶をいただくことができます。

 

 

一乗谷朝倉氏遺跡看板
復元町なみ入り口の値段と、開園時間案内

機会があれば、自然に囲まれてリフレッシュ効果もあり、歴史を学び感じられる一乗谷朝倉氏遺跡に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

T.F

2018/05/18

おでかけスポット

先日のスタッフブログでは教員研修生として福井大学で勉強されているブータン出身のウゲン・ドルジさんのご家族と一緒に訪れた越前松島水族館と福井の海をご紹介しました。

 

今回ご紹介するのは、福井県鯖江市の西山公園と西山動物園です。

西山公園はつつじの名所です。

西山動物園はレッサーパンダでよく知られています。

 

 

鯖江市の道路

福井県坂井市にある越前松島水族館のあとは、福井県鯖江市にある西山公園と動物園へ向かいました。車で約1時間程です。この日は天気がよく、ドライブと行楽日和でした。

 

 

ブータンの2歳児がソフトクリームを食べる

いい天気で暑いほど!「道の駅西山公園」で休憩です。

ウゲン・ドルジさんの息子さんもソフトクリームを食べて涼んで充電です。

 

 

私はこちらの人気商品「つつじソフト」をいただきました。可愛いピンク色が印象的で、味は普通の
ソフトクリームよりかすかに酸味がありました。見た目も楽しめ、美味しいのでおススメです!
(上の動画は2015年5月にGENのスタッフが撮影したものです)

 

こちらの「道の駅西山公園」には飲食物販施設と特産品販売店があります。そしてエレベーターで2階に上がると歩道橋があり、公園と動物園に楽にアクセスできるようになっています。

 

西山動物園では、とても可愛い動物たちがお出迎えしてくれます。

 

 

ボリビアリスザルを見るブータンの2歳児

元気よく動きまわるボリビアリスザルは、とっても可愛くて皆さん釘付けになっていました。

 

 

たんちょう
ブータンの2歳児が動物園でテンションがあがる

初めて見るタンチョウに大興奮の息子さん。

動物園自体が初めてで終始大喜びでした。

 

 

レッサーパンダ

中国との友好関係のシンボル・レッサーパンダはこの動物園の人気者です。

 

西山動物園がレッサーパンダを飼育し始めて今年で約34年目です。昭和59年~60年に中国北京動物園から3頭のレッサーパンダが寄贈されたのが始まりでした。以来、こちらの動物園で大切に飼育され、入園者に愛され続けています。

 

 

つつじを見るウゲン・ドルジさんのお姉様と2歳児の息子さん

西山動物園の中を進んでいくと、きれいなつつじが咲いていました。ウゲン・ドルジさんのお姉さんは花が大好きで大喜びでした。ブータンでもつつじを育てているそうです。

 

きれいなつつじを十分見られたと思いましたが、この日は4月下旬で、5月上旬の満開時期に比べると
まだまだでした。西山動物園がある西山公園は毎年5月上旬には約5万株のつつじが咲き乱れます。
「つつじのじゅうたん」と言われ、日本海側随一のつつじの名所です。

 

 

噴水の前

西山公園には大きな広場や噴水もあり、のんびり歩いたり、ボールなどで遊んだりと、子供から大人まで楽しめる場所です。機会があれば足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

T.F

 

鯖江市西山動物園

西山公園

2018/05/11

おでかけスポット

先日のスタッフブログでは教員研修生として福井大学で勉強されているブータン出身のウゲン・ドルジさんのご家族と一緒に訪れた福井県勝山市にある越前大仏をご紹介しました。

 

今回ご紹介するのは、越前松島水族館と福井の海です。

 

ウゲンさんのご家族にとって初めての海と水族館です。とっても感動していました。

 

ウゲン・ドルジさんの息子さんが水槽に釘付け

水族館に入るとすぐに息子さんは大きな水槽と泳いでいる魚に釘付けになり、じっと見つめていました。

 

ウゲン・ドルジさんのお姉さんが、クラゲの水槽の前にいる

ブータンには海がなく、もちろん魚やクラゲが泳いでいるのを見るのは初めてでした。水族館の中で見るもの全てが新しく、皆さん興味津々でした。クラゲはゾンカ語で何と言うか尋ねたところ、クラゲがいないのでその言葉は知らないとのことでした。

 

ウゲン・ドルジさんのお姉さん、奥様、息子さんが水槽をのぞきこんでいる
サメを触ったあと

越前松島水族館には、海の生き物に触れるコーナーがあります。ウゲン・ドルジさんのご家族もタコとサメに触ってみました。

怖がりながらもタコを触ってみると、「柔らかい!」と驚いていました。

サメは「ざらざらしている」と不思議がっていました。

 

海に行きましょう

その後、海へ向かいました。

 

ウゲン・ドルジさんのお姉さんが海を見ている
姉、海をバックにバンザイ!

お姉さんはインドに行った時に海を見たことがあるそうですが、福井の海はとてもきれいだと喜んでいました。

奥様と息子さんは人生で初めての海でした。じっと黙って海を見つめて、静かに感動していた様子でした。

 

イルカの水槽に釘付け
ブー君と女の子、イルカの水槽の前

息子さんはもともと魚は大好きで、イルカや魚を見るたびにじっと見つめていました。

 

ペンギンのお散歩
ペンギンが公園に入った

越前松島水族館には、イルカショー、ペンギンのお散歩、アザラシふれあいタイム、カワウソお食事タイム、3Dシアターなど様々なアトラクションがあり楽しめます。

 

T.F

 

越前松島水族館公式サイト

2018/05/04

おでかけスポット

大師清大寺

先日のスタッフブログでは教員研修生として福井大学で勉強されているブータン出身のウゲン・ドルジさんのご家族と一緒に訪れた福井県立恐竜博物館をご紹介しました。今回ご紹介するのは、博物館の次に訪れた大師山清大寺です。

 

大師山清大寺には座高17mの大仏(清大寺)があり、奈良の大仏より2m高く、大きすぎて怖いくらいの迫力があります。

 

 

大仏の前 ブータンの2歳児走る

そしてとっても大きな大仏の周りには4体の脇侍仏と1281体の諸仏があります。大仏殿にはお経が響いていて、威厳ある雰囲気に圧倒され思わず足がすくみました。

 

 

ウゲン・ドルジさんのご家族、大仏を拝む
ウゲン・ドルジさんのお姉さんひざまづいて、祈っている

ウゲン・ドルジさんとご家族は、しばらく静かに手を合わせていました。

 

ブータンの2歳児が大仏の前で祈っている

まだ2歳の息子さんもちゃんと手を合わせていて、その姿に私は感心しました。

 

 

五重党 九龍壁 日本庭園

さらに、外には75mの五重塔や美しい九龍壁、日本庭園があります。

 

1987年に開かれたこちらの大師山清大寺、歴史を重ねているわけではありませんが、やはり大きな大仏とその周りにある仏像たちを目の前にすると、心が落ち着き姿勢が正されます。

 

機会があれば、福井県勝山市にある大師山清大寺に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

大師山清大寺 越前大仏

 

 

T.F

2018/04/26

おでかけスポット

ゴールデンウィークの予定はもうお決まりでしょうか?

福井県勝山市にある恐竜博物館でタイムスリップ?!した気分を楽しんだり、大師山清大寺でとっても大きな(奈良の大仏より2メートル大きい!!)迫力ある越前大仏を見てみてはいかがでしょうか。

 

先日、ブータン出身のウゲン・ドルジさんのご家族と一緒にその2つの場所に行ってきました。

 

ウゲン・ドルジさんは、去年(2017年)の10月頃から教員研修留学生として福井大学で勉強されています。そして今年(2018年)3月末にご家族も来られました。

 

まずは福井県勝山市にある福井県立恐竜博物館へGO!

恐竜専門の博物館は世界に3つしかなく、その1つがこちらの博物館です。

日本で発掘された恐竜化石の8割以上は福井県で発見されたものです。

 

館内には全身骨格が44体あり、まるで実物大の恐竜図鑑を楽しんでいるようです。専門的な解説が日本語や英語で書かれていて大変勉強にもなります。

 

 

福井恐竜博物館の入り口にある、長いエスカレーター

まずはエントランスホールに入り、長さ33メートルのエスカレーターで展示室へと一気に下ります。
ブータンではエスカレーターが数基しかなく、ウゲン・ドルジさんとご家族はこの長いエスカレーターに驚き、喜んでいました。

 

 

ダイノストリート ウゲンさんとご家族

エスカレーターを下りて地下1階に着くと、化石標本が飾られている「ダイノストリート」という通路を通ります。

 

 

恐竜博物館、館内。とても広い
ウゲン・ドルジさんと息子さんが感動している

広い「恐竜の世界」ゾーンでは、ウゲン・ドルジさんと息子さんは周りをじっくり見渡して感動していました。

 

 

館内の迫力のある恐竜
館内の迫力満点の恐竜。吠えている
館内の様子。広い
ウゲン・ドルジさんの息子さんと、日本の女の子の子供

「恐竜の世界」ゾーンには44体もの恐竜全身骨格があります。

そして「恐竜のからだ、くらし」、対面スクリーンの「ダイノシアター」、ジオラマ「中国四川省の恐竜たち」、「日本とアジアの恐竜」コーナーがなどがあって、恐竜たちが生き生きとした姿で展示されており、大迫力です。館内は音がよく響く造りになっていて、いろんな音や恐竜の鳴き声が響き渡り、まるで恐竜時代にタイムスリップしたような気分が体験できます。

 

 

ウゲン・ドルジさんの息子さんと、奥様

息子さんは少し怖がりながらも楽しんでいました。

 

 

天然石の展示物。きれい

岩石、鉱物や宝石なども展示されています。

また地層をどのように調べるかなどの調査を見ることができます。

 

 

ウゲン・ドルジさんの息子さん、館内に出たとたん、走った。上機嫌

皆さん楽しまれた様子で、特にまだ2歳の息子さんは外に出ても興奮冷めやらず、大はしゃぎでした。

 

一行は次に車で約10分ほどのところにある越前大仏に向かいました。

 

その様子は次回のブログでお伝えします。お楽しみに!

 

T.F

 

福井県立恐竜博物館

ブータンミュージアム(福井市にあるブータンミュージアムのホームページ)

2018/04/04

おでかけスポット

福井県が復元工事を進めていた福井城址の山里口御門がこのほど完成し、一般公開が始まりました。
門や土塀などに伝統工法を駆使し、県産の木材も多く使われていて、なかなか見応えがあります。
福井藩主の松平春嶽は本丸へ向かう時、この山里口御門を通ったんですね。NHK大河ドラマ
「西郷どん」では福井市出身の津田寛治が春嶽を演じているので、ますます親近感がわきます。

 

石段が何気に急な天守台跡に登るとそこは桜の名所。櫓門の中を見て棟門をくぐり御廊下橋を渡れば、目の前は福井市中央公園です。公園内をまっすぐ御座所(かつての藩主の住居があった場所)まで行くと休憩所やお手洗いもありますよ。今はちょうど桜の時期なのでお花見がてら歴史ルートを散策してみるのもいいですね。(H.S)

 


漆喰の白壁内部は当時は櫓(武具庫)でした
今は中に入ることができて資料や年表が展示されています

 


棟門内側からお堀に面した石塀を望む

 


天守台跡に復元されている井戸「福の井」
福井という地名の由来とも言われています

 


櫓内は桜のライトアップに合わせて夜間も開館していました
(通常は午後6時まで)

 


天守台跡から見た御廊下橋

2018/03/22

おでかけスポット

3月5日付福井新聞のシリーズ「ふくい世間遺産」に見たことのある写真が載っていました。
それはあわら市花乃杜一丁目の願泉寺にある幽霊の絵です。

 


(3月5日付福井新聞より)

 

GENでは、福井県あわら市のインターネット放送局「ねっとde あわら」の番組を許可をいただいて
紹介しているのですが、その番組の中でも願泉寺を訪れてこの幽霊にまつわる話を坊守さんに聞いています。

 

その幽霊とは ― 
昔ある老婆が夜、寺に来てお経をあげて欲しいと言ったそうです。そこで住職がお経をあげていると
老婆はいつのまにかすっと消えてしまいます。するとその老婆の家の者がやって来て「今うちのおばあさんが亡くなりました」と告げたのです。老婆のいた場所には焦げた両足の跡が残っていました…。

 

新聞で坊守さんが持っている幽霊の絵は、この話を基に描かれ、寺に寄贈されたものらしいです。
また、この願泉寺の庭にはキリシタン灯篭も残っています。江戸時代、このあたりのお殿様はキリシタン大名で有名な九州・有馬晴信の子孫でした。九州から来た家来たちもきっとキリシタンの人が多かったはずですから、灯篭に十字架や聖母マリアを彫って秘かに礼拝していたのでしょうか。願泉寺は真宗のお寺ですが、坊守さんも実は有馬姓なんですね。

 

幽霊の絵といい、キリシタン灯篭といい、なかなか珍しい物が残っているあわら市の願泉寺。絵は希望があれば見せてもらえるそうですよ。夏に訪れてみると思わず涼しくなっていいかもしれませんね。
(H.S)

 

※あわら市提供の願泉寺を訪れる動画はこちらです。
           ↓

ページ