スタッフブログ

2018/06/28

おでかけスポット

先日、海開き間近の福井県三国町にあるサンセットビーチに行ってきました。

このビーチのおすすめポイントをいくつかご紹介させていただきます。

 

この日は30度近くあり大変暑い日だったので、海開き前にも関わらず何人かの人は海で泳いでいました。

 

 

三国サンセットビーチ

夕方6時を過ぎると日が沈み、だんだんと涼しくなっていきました。

 

 

三国サンセットビーチ 夕焼け

おすすめポイントの一つ目、こちらのビーチはその名の通り、きれいな夕焼けを見ることができます。この日も日没前になると空が少しずつオレンジ色になっていき、美しい夕焼けが広がっていきました。

 

 

三国サンセットビーチ 夕焼け

さらにピンク色っぽくなり、日は沈みました。

さざ波の音が耳に心地よく、ぼーっと空や海を眺めているだけで心が落ち着きますね。

 

 

三国 ゆあぽーと

おすすめポイントの二つ目は、このビーチの横には「三国ゆあぽーと」という日帰り温泉があり、日本海を一望しながら温泉に入れることです。営業時間は10時から23時までなので、温泉と夕焼けを同時に楽しむという贅沢なこともできてしまうんです。入浴料金は中学生以上500円、3歳以上は200円です。

 

その他の詳細はこちらからご覧ください

三国温泉ゆあぽーと公式ホームページ 

 

 

そして忘れてはいけないおすすめポイントが、毎年8月11日に行われる北陸最大級の三国花火大会が目の前で見られることです。こちらの動画は去年このビーチで撮影したものです。美しい夕焼けの後は、約一万発の色鮮やかな水中花火、一尺玉、二尺玉、仕掛花火、スターマインが彩る夜空を楽しめます。

 

花火大会の詳細はこちらからご覧になれます。

第38回 福井県坂井市 三国花火大会 

 

 

今年の夏、機会があれば、美しい夕焼け、日本海を一望できる温泉、北陸最大級の花火大会が楽しめる「三国サンセットビーチ」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

T.F

2018/06/25

グルメ

天菊の天丼
時々ランチタイムに福井市中心部のいわゆる片町の一角にある天ぷら店「天菊」に行きます。いつも食べるのは800円のシンプルな天丼。えびの天ぷらとかきあげが乗っていて、これにアサリの赤だしと御新香がついて来ます。

天菊のおはぎの天ぷら
おいしいねーなんて思いながらこれを食べ終わる頃にデザートが出て来て、この値段なのにと初めての時はちょっと驚きました。それがおはぎの天ぷらです。それからはこのお菓子が食べたくなると足を運んでいる感じです。
T.S

2018/06/24

音楽・演劇・ダンス

先日、福井県坂井市にあるハートピア春江で夏川りみさんのコンサートがあり、行ってきました。

 

 

りみさんのライブを見るのはこれで4回目。
と言っても、これまではすべて野外フェスだったので、室内の会場で見るのは初めてです。
今回のツアーのテーマは「歌さがし」ということで、りみさん自身が今、本当に歌いたい歌は何かと
いうことを見つめ直して構成したそうです。

 

コンサートは、まず沖縄を代表する曲の一つ「芭蕉布」で始まりました。私も大好きな曲です。
大ヒット曲「涙そうそう」の他に「海の声」や、テレサ・テンも歌った「夜来香」(イェライシャン)を北京語で披露。最近は台湾でライブすることもあるそうです。
またジャズナンバーを英語で歌ったり、りみさんが生まれ育った石垣島に伝わる八重山民謡を
三線の弾き語りで披露してくれました。何を歌っても完璧なりみさん。これだけ実力のある歌手は他にはすぐ思い浮かばないです。

 

トークの中で、物心つく前から歌を歌っていたこと、ごはんを食べる時も歌っていて、家族から「ごはんを食べるか歌うか、どちらかにしなさい」と叱られたこと、子どもの頃から石垣島の歌謡大会では
飽き足らず、沖縄本島まで「のど自慢荒らし」に行っていたことなど、強者ぶりを次々と語ってくれました。

 

飾らない人柄で、沖縄言葉を交えた思わず笑いが起こるおしゃべりやカチャーシータイムも楽しく、
最後の一曲まで高く透き通った声が響き渡って、心が浄化されるようなひとときでした。

 

もちろんこの曲も歌ってくれましたよ!
曲を作ったBEGINも石垣島出身。この曲は石垣島のことを歌ってるんですね。
動画は2年前の「ムジークフェストなら」より、同じ石垣島出身の新良幸人(あらゆきと)さん
とのコラボ。(H.S)

2018/06/22

祭り・イベント

はすまつり2018年
はすまつり情報 2018年

7月上旬から8月上旬にかけて、福井県南越前町にある

花はす公園では可愛くも美しい花はすでいっぱいになります。

 

世界中から集められた120種類が咲いており、

中には2,000年ぶりに咲いた千葉の「大賀蓮」なんていう珍しい花も見られます。

 

はすの花は決してきれいな環境とはいえない

濁った泥の中でしか咲かないのはご存知の方も多いと思います。

 

このことを人生に例えると、

泥とは困難や悲しみなどで、はすの花は自分と考えられるかもしれません。

簡単ではない状況の中でも、学びながら成長できれば、より良い自分になれますね。

 

機会があれば、はすまつりに足を運んで、花はすを見て美しいという感動だけでなく、

その美しい花を咲かせている環境のことに思いをはせてみてはいかがでしょうか。

 

詳しくはこちらから  南越前町観光情報サイト 第26回はなはすまつり

 

T.F

2018/06/19

雑感

 

 

最近大野の山奥で見た稼働中の砕石プラントです。
近代的な美しい工場の風景というのももちろんいいんですが、
精密さとかスマートという言葉とはおよそ無縁な、
錆びた鉄のかたまりのような無骨な構造物が見せる
ティンゲリーの彫刻のような(ただしこちらは全く無名な)
その風情に魅力を感じます。
あくまで外見だけの話ですけどね。
T.S

ページ